「俺は守りたいんだ、仲間を!」 不思議な能力を持った子供たちが送るアクション活劇、ここに開幕! わるいおとなにいたずらしてやるっ!
文章・web製作→勇魚 イラスト・デザイン→やしち

HOME > Episode1 Childlike wonder、参上!(6)

Episode1 Childlike wonder、参上!(6)

「ここが最上階か……」
 階段を登りきると、左手にはエレベーターの入り口が、右には大きな通路がある。通路の奥には、華美な装飾が施された両開きの大きな扉があった。
「はぁ、はぁ……百階まで階段はきついよ、レス・レス……」
 アッシュが肩で息をしながらぼやく。他の子供たちも同じように、疲れ果てていた。
「ごめんね、でもエレベーターは危ないんだ。密室だし、遠隔操作が簡単だからね」
「はぁはぁ……分かったわヨ……。で、この奥が多分アダムの部屋よネ?」
「ああ、おそらく。……だが、不自然すぎる」
 レス・レスが首を傾げて言うのに、子供たちは不思議そうな顔をする。
「おかしいと思わないかい? あれだけ挑発していたんだから、僕たちが来るのなんて想定していたと思うんだ。なのに、ここまで誰にも会わなかったし、人がいる気配もしなかった」
 登ってくる間にいくらでも準備はできたはずだと、レス・レスは考えていた。監視カメラらしきものは見当たらなかったが、何らかの方法でこちらの動きは感知されていてもおかしくないはずだと。
「ええとレス・レス、もうちょっと分かりやすく……」
 アッシュが頭を掻きながら苦笑する。バーニィやQJも同じようで、困った表情で同じように苦笑していた。
「だからね、アダムはワタシたちが来る事を分かってたわけでしょ? なのに、なにも仕掛けてこないからなにかた企んでるんじゃないか、ってレス・レスは言ってるのヨ!」
 ナターリヤが腰に左手を当てて右手の人差し指を突き出しながら、まるでペットを躾るかのごとく、説明する。
「さすがは天才少女」
 バーニィが、少し茶化すような口調で言うのに、QJがにやにやしながら頷いて見せた。
「そういうこと。奴の真意は何なのか、その扉を開ければ分かると思う。……行こう」
 レス・レスが歩き出しながら言うのに、子供たちが頷いた。ゆっくりと扉に近づくと、扉に右手を当てる。すると、ドアの中心に穴が開き、そのまま直径二メートルほどまでに広がった。
「ん? ノックぐらいしろよ、行儀が悪いな」
 正面のソファに座っていたアダムが、読んでいた新聞をテーブルに置いて、驚く気配すら見せずに答えた。その姿は先ほどまでのバスローブではなく、いつもの紫のスーツに身を包んでいた。
「アダム……ッ!」
「久しぶりだな、ベイビー」
 明らかに見下した声でアダムは言う。サングラスで見えないが、その下には高圧的な目線があるに違いない。
「さて、招待しておいて済まないが、皆急用でね。パーティは解散した」
「なんだと……?」
「まあ、せっかくだから茶でも飲んで帰ってくれ」
「この……ッ!」
 アッシュが飛びこんだ。その右手を炎で包みこみ、アダムの顔面に叩きつけるために。
「!」
 だが、次の瞬間、アッシュの腹部に強烈な痛みが走る。ヴィクトワールの右膝が、めりこんでいた。
「アッシュ!」
 不意のカウンターに小さな体は軽く吹き飛ばされてしまう。地面に叩きつけられて、そのままごろごろと転がっていった。
「アダム様に逆らう者は、剣の錆にすると伝えたはずだ」
「荒っぽいことはやめて、どっしりと重い赤ワインと、よく絡み合う上質のブルーチーズでも楽しみながら、楽しいトークもしようじゃないか?」
「ふざけるな……ッ!」
 珍しくレス・レスが声を上げる。その声は明らかに怒りがこめられたものだった。
「"賢者の石"の欠片と、研究書類を返せ!」
「面白い事を言う。分家が保有しているものを、本家に返してもらっただけだ。その何が悪い?」
 アダムは別に悪びれる様子もなく、赤ワインを口に含みながら答える。
「ふざけるな、分家は貴様の方だろう! そのためにどれだけの人が犠牲になったと思ってる!」
「おいおい、防音設備は整ってるがこんな時間に騒ぐと近所迷惑だぞ?」
「この……ッ!」
 レス・レスが、拳を振り上げて、地面を蹴って飛びかかる。
「アダム様には指一本触れさせん」
 ヴィクトワールが飛び出し、レス・レスの顔面を右手で掴む。そのままぐんと振りかぶって、地面に叩きつけた。
「ぐ……っ!」
 どん、と激しい音と同時に、レス・レスの体が跳ねる。不様に転がってから両手をつき、四つん這いの姿勢のままで、荒々しく息を吐く。
「あははは、ベイビーの力は無機物とガキにしか効果が無いんだったな。ガキを集めて裸の王様気取りか?」
「くそ……っ!」
 レス・レスが上体を起こして立ち上がろうとすると、その仮面に亀裂が走る。ばきっ、と音がして、その仮面が砕けて落ちた。
「……!」
 その顔に、アッシュとバーニィ、それにQJが驚愕の表情を見せた。
 そう、レス・レスの素顔。青年らしい整った顔立ちで、濃紺の瞳に伸びた鼻筋、りりしい眉毛は充分に美しい顔立ちだった。
 だが、たったひとつの要素が違和感を生み出し、全てをぶち壊してしまっていた。

 顔の右半分に、額から眉を貫きそのまま頬から顎にかけて走る、一本の傷。焼けただれた跡が残っていたのだった。

「はっは、あの時の傷か? 良かったらいい病院を紹介してやるぞ」
「ふざけるな……今の僕は一人じゃない! いくぞ、みんな!」
 その声にバーニィとQJが我に返って飛び出した。視認できないほどの速度で飛び出し、バーニィは右の拳を振りかぶり、QJは左足で蹴りを放つ。
「……同じ事を何度も言わせるな」
 がくん、と二人の動きが止まる。ヴィクトワールが、右手でバーニィの腕を、左手でQJの足首を掴んでいたからだ。
「!?」
「今の速度が……見えたのかっ!?」
「……アダム様には、指一本触れさせないと言っているだろう」
 先ほどレス・レスをそうしたかのように、両腕をぐんと振りあげてから、二人の体を地面に叩きつけた。二人はわずかにうめいて、そのまま気を失ってしまう。
 ヴィクトワールが強い事は分かっていたが、どれほどの力を持っているのか、考えたくないほどの恐怖感。
 アッシュたちは今、その負の感情にとらわれていた。
「あはは、あっはっは……」
 不意に、アダムが笑い出す。まるでバラエティ番組でも見ているかのように。
「あぁ、弱い者が握り潰されるのを見るのは楽しいな。さて、と」
 言ってアダムはゆっくりと腰を上げ、続けた。
「今日は好きなドキュメンタリー番組の最終回でね。俺はもう帰る。後は頼んだぞ、ヴィクトワール」
「了解しました」
 アダムが携帯電話を手に取って操作すると、ばばばば……と大きな音が近づいてくる。次の瞬間、ベランダの向こうにヘリコプターが現れた。
「くそっ……逃げるのか!」
「逃げはせんよ。突然の客人にゆっくり眠れそうにないから、ホテルにでも行こうと思ってな。じゃあな」
 ベランダに出ながらそう言って、アダムが飛んだ。ヘリコプターに乗り移り、そのまま飛び去って行ってしまう。
「……さて、子供たち」
 ヴィクトワールがゆっくりとこちらを向き直る。高いソプラノだが押し殺したような声は、恐怖感を与えるには充分なものだった。
「そろそろ終わりにしよう」
 ヴィクトワールは、バックラーからゆっくりとショートソードを引き抜いた。その軌跡が白い輝きを残し、一筋の光を描く。

 アッシュは、完全に場に飲まれてしまっていた。

 圧倒的な力でバーニィ、それにQJまで倒されてしまうし、ナターリヤも青白い顔でそれを見ているしかできない。レス・レスも両膝をついて睨みつけているだけだし、マイケルもおろおろしながら困り果てている。
「アダム様がこの街を支配するには、お前たちの存在は邪魔だ」
ヴィクトワールが飛び出した。その勢いを乗せて、ショートソードをぐんと突き出そうとする。

 ……アッシュ……困っている人を助けてあげるような、立派な大人に……なってね……。

(……だめだ、俺が戦わなくちゃだめなんだ……っ!)

「俺は、守るために戦う……っ!」
 飛び込んでくるヴィクトワールに、アッシュも飛び込んでゆく。
「!」
 突然の出来事に、ヴィクトワールは反応はしたが対応はできない。
 アッシュの左手がヴィクトワールの右手を包むように掴む。そのまま飛び込んだ勢いを乗せて、ヴィクトワールの顎に頭突きをかました。衝撃に銀の長い髪が揺れる。
「……っ!」
「さっきはありがとう、これがお返しだっ!」
 ヴィクトワールは半歩後ろずさりながら、唇の端からこぼれた血をぐっと拭う。
「助けてもらったのに悪いけど、これ以上はやらせない。俺がみんなを守るんだ!」
「……ほう?」
 アッシュの声にヴィクトワールは微笑みながら、チャイナシューズの右のつま先を、とんっと地面に当てる。靴の履き心地を調整して、それから右足をだん、と地面へ踏みしめた。それから続けて、左足も同じようにしてみせる。
 その動作にはいくらでも隙があったはずだ。だが、彼女をまとう威圧間に、誰も何も仕掛けることができなかった。
「……面白い。我の見込みは間違っていなかったようだな」
「アッシュ!」
 ナターリヤが、ランドセルから何かを取り出す。ずずず、と引き出される、それは。
 全長一メートルはある、巨大な十手だった。
「OK、助かる! ……つか、よく入ってたなコレ……」
「ワタシの能力がいかにすごいか、分かった?」
「ああ」
 ぞんざいに答えて、アッシュは放り投げられた十手を眼前で構える。
 ……重くはない。そして軽すぎない。むしろ、自分のために作られたと思えるほど馴染む。
「準備は整ったか?」
 ヴィクトワールが不敵に微笑みながら言う。
 そう、彼女はナターリヤがアッシュに武器を渡すのを、分かっていながらあえて見ていたのだ。その余裕は、恐ろしさを募らせる以外の何者でも無かった。
「行くぞ!」
 アッシュが十手を振りかざしながら飛び出す。まるで手に吸いつくような使い心地がそれを助けてくれた。
「笑止」
 十手が上段から振り下されるのに合わせて、ヴィクトワールはバックラーを振り上げる。頭を狙ったそれに裏拳を当てるようにバックラーを振り、優しく触れるように当ててやる。地面に対してほぼ垂直に角度をつけてやり、外に押しのけながら垂直に戻してゆく。
「!」
 どぉん、と十手の剣身が地面に叩きつけられた。
(……剣がまったく触れた気がしなかった……!)
 アッシュは驚愕する。
  あまりにも艶やかで美しい、その動きに。
「その程度でアダム様に歯向かうなど」
 ヴィクトワールが、剣を持った右腕を右へと大きく薙ぎ払う。アッシュには、そのあまりの速さに何も見えなかった。

 ただ、胸に走る一筋の熱い、熱。

「アッシューーーっ!」
 ナターリヤが叫ぶ声を、アッシュは遠くに聞いていた。まるで眠りの真っ最中、起こす者の声が夢の中でも聞こえたかのように。
「……!」
 ばしゃっ、と飛沫が散った。
 胸についた横一文字の傷から、血が噴き出したのだ。
「遅い……」
 ヴィクトワールは剣を床に向けてぶんと振る。剣身についたアッシュの血が勢いで床に飛び散り、赤いマーブル模様を描く。
「うぐ……!」
 がくり、とアッシュは両膝を落とす。

 ……正直、甘く見ていた。

 戦いはそんな生優しいもんじゃなかった。
 切られれば痛いし、もしかしたら死ぬかもしれない。

 守るとか言いながら、俺は何の役にも立ってないじゃないか……!

「ダメっ!」
 ナターリヤの叫び声にアッシュはハッと我に返る。目の前に、ナターリヤとマイケルが両手を広げて、立ちはだかっていた。
「これ以上アッシュを傷つけるのはダメっ! ワタシはアッシュのお姉さんだから、守らなきゃいけないのヨっ!」
「……ナターリヤ……!」
 アッシュは胸の痛みをそのままに、呆けたような目でナターリヤの背中を見つめていた。
(……俺は一体何をしてるんだ)
 アッシュは、自分のふがいなさに押しつぶされそうになっていた。自分より年上とはいえ、女の子に自分が守られているという事実に。
「友情……か」
 ヴィクトワールは目を伏せて、答えなかった。懐かしむような、振り返るような、ノスタルジックな微笑みをたたえている。
「……だが、そんなものでは勝利は掴めぬ!」
 ヴィクトワールが一歩踏み出した。バックラーを着けた左手を振りかざし、殴りつける。ナターリヤとマイケルはその衝撃に吹き飛んで倒れた。
「! 大丈夫か!」
 アッシュは慌てて駆け寄る。ただ殴られただけではあったが、頭部を激しく揺らされており、二人は意識が朦朧としているようだった。
「アッシュ……ごめんネ……」
「ばか! 大丈夫だ、必ず勝てる……!」
 ナターリヤの肩を抱きながら、アッシュは力強く言う。キャラメル色のポニーテールが揺れ、ガーベラの甘い香りが広がった。
 とはいえ、アッシュにも勝機があるわけではなかった。

 ……どうする?

 どうすれば勝てる?
 ヴィクトワールは動きがあまりにも早い。なんとか動きを止めて、攻撃に転じなければ……!

 ……そうだ、こっちは三人もいるんだ。
 きっと、なんとかなる……!

「……ナターリヤ、ワイヤーであいつの動きを止めれるか?」
 アッシュは小声で、ナターリヤの耳元で囁く。
「う、ウン……」
「マイケル、お前の怪力でナターリヤと一緒にワイヤをしっかり握っていてくれ。俺が奴を引き付けるから、そのうちに頼む」
 アッシュはそれだけ言うと、ゆっくりと堂々と立ち上がった。それから十手をぶんと振ると、剣先をヴィクトワールに突きつけた。
(……? 眼つきが変わったか)
 ヴィクトワールは、見抜いていた。先ほどまでのアッシュの瞳は闇雲な勝ち気だけだったが、今は違う。
 "確信"を得た目に変わっていた。
「我が目覚めさせてしまったか。――面白い」
 ヴィクトワールは独りごちて、唇の血を舐める。それから不敵に笑った。
「どう出るか、楽しみだ」
「うおおおぉぉぉぉっ!」
 アッシュの十手が、炎に包まれてゆく。その能力で炎をまとわせたのだ。
「俺は負けるわけにはいかないんだあっ!」
 次の瞬間アッシュは飛び出し、ナターリヤとマイケルが左右に散開する。それに気づいてヴィクトワールは中段に構える。
「うりゃあぁぁっ!」
 アッシュは十手を振り上げて、正面から斬りかかってゆく。ヴィクトワールはそれをバックラーでいなす。だが、アッシュはすぐに体制を整え、さらに斬りかかってゆく。
「くっ……!」
 アッシュの攻撃は、けして優れたものではない。
 だが、手数があまりにも多すぎる。右と思えば左、上と思えば下。体勢が悪かろうが、踏み込みが甘かろうが、とにかく手を出す。
 普通、熟練者は有効打に成り得ない攻撃など最初から放とうとはしない。当然、受ける側もその前提で回避行動を取る。
 だが、アッシュは我流であるが故に、そういう事など気にせずとにかく手を出す。ヴィクトワールは完全に自分のペースを崩されていた。
「よーいしょっ!」
 ナターリヤが、指を広げた手を突き出す。わずかに光を反射して、ワイヤが飛んだ。
「!」
 アッシュに気を取られていたヴィクトワールは、わずかに反応が遅れる。体に羽が触れたような感触が様々な場所に伝わってゆく。
「マイケル!」
 ナターリヤが叫ぶと同時に、マイケルは両手をぐっと握って、一気に引いた。
「なっ……!?」
 一瞬にして、ヴィクトワールの体にワイヤが食い込んで縛りつけた。服や皮膚にワイヤが食い込み、完全に身動きが取れない状態になってしまう。
「よしっ!」
 アッシュはそれを見て、思わずガッツポーズを取る。
「ワタシのワイヤは切れないわヨ! 降参しなさい!」
 ナターリヤが悪戯に微笑む。
「……ふふっ」

 ところが。

 ヴィクトワールは笑っていた。まるで、面白い冗談でも聞いたかのような、明るい笑いだった。
「思ったよりやるではないか」
「……?」
 ……あまりに不気味だ。
 三人は動けなかった。
 この状態でなぜ、そんなことを言うのだろうと。
「……不思議な能力を持っているのは、お前たちだけではない」
 光があふれる。
 そう、ヴィクトワールを中心に淡く白い光が、辺りを染めてゆく。
「な……っ!」
 アッシュはその光景に思わず声をもらす。まるでその姿は、天使のように見えたからだ。白い光は翼を思わせ、それがあふれてゆく様は、まるで天使の羽が振り注ぐのを連想させた。
「"気高き誓い……円卓の騎士"」
 ヴィクトワールが呟くと、光が彼女を中心に渦巻いてゆく。まるで竜巻でも起こったかのようにごうとうねり、次の瞬間、彼女が立つ直径一メートルほどの空間が、揺れた。淡い光が彼女を包んでゆく。
「……!」
 彼女を縛ったワイヤが、ほどけてゆく。
 いや、ワイヤが消えた。まるで綿菓子が口の中で溶けてゆくように。
 空気のように霧散し、完全に消えた。
「どういうこと……?」
 ナターリヤがため息を吐くように呟く。それもそうだ、単分子ワイヤがあっさりと断ち切られるなど、あり得ない。
「……ふふ、甘く見ていたか」
 ヴィクトワールが呟く。それはアッシュたちに聞かせるためではなく、ただ思ったことを口にした、ただそれだけの言葉だった。
「今日はこれで終わりにしよう。だが忘れるな。アダム様に手を出す者は、我が剣の錆になるということを……」
 ヴィクトワールが、飛んだ。だんと地面を蹴ったと思うと、ベランダから飛び出したのだ。
「!」
「おい!? ここ百階だぞ!?」
 三人は反応するが、すでに遅い。ベランダから下を見下ろして、ヴィクトワールの姿を探す。彼女はすでに建物から五十メートルほど離れ、ゆっくりと落ちていっていた。その体は淡い光に包まれ、背中にはまるで翼のような光が伸びており、風をとらえながらゆっくりと降りてゆく。
「今回は勝ちを譲ろう。だが、次もうまくいくと思うな……」
 ヴィクトワールはどこか楽しそうに微笑んで、独りごちていた……。

「ありがとう、子供たち。……あまり役に立てなくてごめん」
 次の日の朝。
 いつもの笑顔で、レス・レスがリビングへと姿を表す。テレビを見ていた五人は、それにゆっくりと振り向いた。
「別にいいヨ。レス・レスの力は無機物か幼い生命体にしか効果が無いし、戦えないの知ってるし」
 ナターリヤのフォローのようでフォローになっていない言葉に、レス・レスは苦笑する。
「しかし、ヴィクトワールとやらの強さには参った」
 バーニィが頭を掻きながら言うのに、QJが頷く。
「次は絶対負けねぇよ」
 アッシュがすねたように言ってから、不意に思い出したように続ける。
「そういえばレス・レス。"賢者の石"とか、研究書類とかって、何のこと?」
「そういえば俺らも知らねぇ」
「うちにも教えてぇな」
 バーニィとQJも、アッシュの言葉に反応してレス・レスに視線を向ける。
「……うん、いつかは話さなければいけないとは思ってたから。えぇと、僕の家系は結構古くて、五百年ほど遡る。クリスチャン・ローゼンクロイツというカルトのカリスマ的な人物の子供――歴史上では子供がいない事になってるんで、非公式な子供みたいだけど。とにかくそこに行き当たる」
 真剣な子供たちに向かって、レス・レスはゆっくりと、しかしまじめな口調で続ける。口を挟めるような空気ではなかった。
「彼は西洋魔術と錬金術に長けていて、様々な研究を続けていた。その中で彼は、万物の源ともいえる"賢者の石"と呼ばれる霊薬を作る事に成功する。さらに彼はそれを自らの体に取り込む事で、この"聖なる導き"と呼ばれる、万物の構造を変える力を得る事に成功した。それで、代々子孫が"賢者の石"とその研究書類を受け継ぎ、自らもその能力を得てきた。そういうわけで、僕もその力を得た、というわけ」
 子供たちがなるほど、と頷いてみせる。
 だが、ナターリヤだけがどこか悲しい目で、静かにうつむいていた。
「――けど、三年前に"賢者の石"の残りと、研究書類全てがアダムに奪われたんだ。だから、僕はそれを受け継ぐ者として、アダムを倒してそれを取り返さなきゃならない」
 レス・レスはできるだけ明るい顔で話そうとしているのだが、眉をよせて少し辛そうな表情を見せる。
「もちろんそれだけじゃなく、街の平和をおびやかす彼の行いを見捨てるわけにもいかない。……でも、実はそれだけじゃないんだ。全てが奪われた夜に、アダムは僕の一番大切なものも奪ったんだ。それは――」
 そこで、レス・レスは口を閉じる。開きかけてまた閉じる、というのを三度ほどしてから。眉根を寄せたままで。
 レス・レスはやっと次の言葉を綴った。

「僕の妻・ジュリエッタと、七歳になったばかりの息子・トマスを……僕の目の前で殺したんだ」


※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。何かに似ていたりどこかで聞いた気がしても、きっと気のせいですので気にせず寝てしまいましょう!

※全年齢向けで書いてるつもりなんですが、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているので、ちょっぴり暴力だったり性的な表現があったりします。あまり気にしないでください。

※本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧についての保障などは一切いたしません。読んでたら目が痛くなったとか言わない方向で。