「俺は守りたいんだ、仲間を!」 不思議な能力を持った子供たちが送るアクション活劇、ここに開幕! わるいおとなにいたずらしてやるっ!
文章・web製作→勇魚 イラスト・デザイン→やしち

HOME > Episode1 Childlike wonder、参上!(5)

Episode1 Childlike wonder、参上!(5)

「ここだね?」
 レス・レスが右手を伸ばして、ビルの外壁に掌をつける。その手が僅かに明るく光ったと思うと、壁に大きな穴が開いてゆく。その先に非常階段が見えた。
 五人は迷わずそこに飛び込んでゆく。一番最後に飛び込んだレス・レスが穴の空いた壁に手を触れると、壁はすぐに元通りに戻った。
 レス・レスたちは今、裏路地の壁からアダム・コーポレーションのビルへと潜入していた。もちろん設計図には載っていない、ビルの裏側から進むつもりである。皆マスクをかぶり、正体がばれないように慎重に行動していた。
「よし、このまま地下へ――」
 レス・レスが言いながら振り向いた瞬間。
 人影が上ってくるのが見えた。
 まずい、と思ったその時――。
「え? あんたらは……!」
 そう、そこにあったのはアッシュの姿だったのだ。
「アッシュ? どうやって脱出してきたのヨ! これから助けに行く所だったのに!」
「いや……それが俺も不思議なんだけど。ヴィクトワールっていう、rue-rue girls!のボスみたいなのが助けてくれたんだ」
 その言葉にレス・レスたちは顔を見合わせ、不思議そうに首を傾げた。
「俺も理由はさっぱり分からないんだけど……」
「……まあ、手間がひとつ省けたってことで、いいんじゃねぇか?」
 頭の後ろで腕を組んだバーニィが、ぶっきらぼうに答える。
「まあ、そやね。これで、すぐにアダムの所に行けるやん」
「そうだね。詳しいことはまた後で聞くとして、今はアダムの所へ向かおう」
 QJが言うのにレス・レスが答え、それに全員が頷いた。
「今からあいつを倒しに行くんだね? だったら俺も――」
「アッシュ君」
 アッシュの言葉を遮って、レス・レスが口を開く。いつもの優しい口調だったが、その言葉には強い意思を感じさせていた。
「僕らを手伝ってくれないか?」
 その言葉はとても予想外だったらしい、アッシュはぽかんと口を開けたまま、拳を胸の前で握ったまま、固まってしまった。
「君が戦っている所を、テレビで見ていたんだ。君がとても頑張っていたので……って話聞いてる?」
 その声にアッシュははっと我に返り、ぶんぶんと頭を左右に振る。それからゆっくりと息を吐いた。
「ええと……これ何のドッキリ?」
「そんなにキョロキョロ見回しても隠しカメラは無いよ、アッシュ君。……とにかく、君の信念には驚いた、敬意を払うよ。僕たちとともに戦って欲しい」
 言いながら微笑んで、レス・レスが手を差し伸べる。その手を、アッシュは力強く握り返した。
「さて、ここから先は危険だ。だから、アダムの所に行く前に……君の力を引き出してあげる」
 その言葉の意味が、アッシュには分からなかった。
「僕の力は、無機物か子供に対して、その構造を自由に変える事ができる。それで大脳皮質の神経細胞を少し刺激しアルファ波とシータ波を多く出させて、顕在意識と潜在意識の間にある抗暗示障壁を取り除く。未だに解明されていない要素が多いんだけど、超能力を使える者が能力を使っている時と同じ状態らしいんだ。――まあ要するに、脳の不思議な力を引き出せる状態にしてあげるんだよ」
 レス・レスの説明はあまり理解はできなかったが、アッシュはとりあえず大きく頷いてみせる。
「どんな力になるの?」
「それは分からない、その人の感情や感性によっても多種多様だから。ちなみにナターリヤは物質の質量を自在に操り――」
 その言葉にアッシュは納得する。壁に押しつぶされた時に助けてくれたのは、その力のお陰なのだと。
「マイケルは怪力で、バーニィは瞬間的に爆発的な俊発力を発揮。QJは自分の体を自由に黒ヒョウに変化させられる」
「うちは足だけ変化させれば、バーニィの動きについていけるねん」
 それを聞いたQJが、補足で付け加えた。それにアッシュはなるほど、と納得する。あの時二人の姿が見えなかったのはそういうことだと。
「アッシュ君、君はどうありたい?」
「どうって……」
 レス・レスがアッシュの頭にそっと手を置いて、優しく言う。その質問に、アッシュは回答に困ってしまった。
「"目覚めよ……聖なる導き"」
 レス・レスの声に呼応して、その右手が白く光始める。

「……!」
 はっと気づくと、アッシュは赤い空間にいた。上下も左右も分からない、ただ赤い空間が広がっていたのだ。
「俺を起こしたのはお前か……?」
 突然の声に驚き、アッシュははっと顔を上げる。高さ五メートルほどの大きな炎の柱。それが声の主だった。再上部には口のように黒くへこんだ箇所があり、それが声を発しているようだった。
「……なんだ……?」
 その光景に、アッシュはぽかんと見上げて思ったままを口にする。
「まあ、難しく考えずにざっくばらんにいこう。お前が力を求める理由はなんだ?」
「理由……?」

 ……俺はどうありたい?
 今日、俺は死にかけた。
 爆弾魔にせよ、ヴィクトワールにせよ、全てはアダムに行き着く。
 これからも、アダムがいる限り、そういう奴らのせいで困る人がいるかもしれない。
 そういう人たちを、守りたい。

 守れる力が欲しい――!

「――"守れる力"が欲しい!」
 アッシュは躊躇うことなく、言葉を力一杯投げつけてやる。炎の柱は一瞬あっけにとられたようだったが、すぐに口を開いた。
「OK、充分だ。――力を貸そう!」

「!」
 慌ててレス・レスが飛びのいた。
「な……んだ……これ……!」
 アッシュは、はっと我に返ると、自分の体がまるで燃えるような暑さに包まれている事に気づく。わずかに皮膚は赤くなり、灰色の髪もわずかに赤く染まっている。
(さっきのあの炎の柱が――?)
「あつっ……おめでとう、アッシュ君。それが君の"力"だ」
「これが……俺……!」
 アッシュは何気なく、通路に置いてあった金属製のゴミ箱の縁を掴んでみる。
「"俺は全てを守る……ash lead"!」
 誰から教えられたわけでもないのに、アッシュは自然と言葉を口にする。
 次の瞬間、掌がばっと赤く光ったかと思うと、一瞬炎に包まれた。それからゴミ箱は焼けるように真っ赤になる。そのまますぐに灰となり、さらさらと崩れた。
「あらま、なんかスゴイ能力ネ……」
「ash lead……"灰の導き"か、素晴らしい能力だ。その力で僕たちを守って欲しい、頼むよ」
 言ってレス・レスはアッシュの頭にぽんと手を置いた。それが照れ臭かったのか、アッシュは複雑そうな微笑みを見せた。

「何? ガキが逃げた?」
 ビルの最上階で、アダムが振り向いた。
 目の前の窓には、美しい夜景が広がっている。アダムはカシミヤの高級なバスローブに身を包み、ワイングラスを傾けながらをそれを眺めていた。
 部屋は三十畳はある大きな部屋で、六十インチ以上の液晶テレビ、豪華なシャンデリア、壁にかけられた鹿の首の剥製など、分かりやすい成金趣味に彩られていた。
「申し訳ございません。我が食事を運んだ際に不意をつかれ、カードキーを奪われてしまいました」
 目の前で片膝をついたヴィクトワールの手には、血が滲んだ包帯が痛々しく巻かれていた。白いドレスにも多少血が飛び散り、小さな赤い斑点が浮かんでいる。
「ふむ。お前の見込みは正しかったということか、侮れんガキだな。しかし……」
 不意にアダムの左手が伸びたかと思うと、ヴィクトワールの首をがっと掴む。
「……っ!」
 そのままアダムはヴィクトワールの体をやすやすと持ち上げ、高く掲げる。指が喉を締め付け、自分の体重がそれに拍車をかける。ヴィクトワールは顔をしかめて、なんとか呼吸を続けていた。
「うぅ……っ!」
「……まさかとは思うが、逃がしたわけではあるまいな?」
「まさか……我がアダム様に逆らうなど……!」
 ヴィクトワールが言い終わるか終わらないかのうちに、アダムはその体をベッドに乱暴に放り投げた。スプリングが軋んで、ヴィクトワールの体が軽く跳ねる。
「だよな、お前の人生は俺のものだ、お前を信用している。だが、示しがつかんのも事実だ」
 アダムが液晶テレビにリモコンを向けて操作すると、ぱっと立体的な地図が描かれてゆく。それはこのビルの構造図で、非常階段には五つの赤い点が動いていた。それはどんどん上へと登ってきており、すでに七十階へと達している。
「……」
「奴らの力であれば侵入がたやすいのは想定内だが、結果として敵を一人増やしてしまった。さあ、どう駒を動かすべきだ?」
「……我におまかせください。アダム様は、今のうちに脱出準備を」
 放り投げられた時に服の裾が乱れてしまったのを気にせず、上半身だけを起こしたままでうつむきながらヴィクトワールは答える。
「そうだな、今回は顔だけ見ておくか。rue-rue girls!のメンバーは全員下げろ、総力戦はとりやめだ」
「了解しました」
 ヴィクトワールが頭を下げてから部屋を出ていくのを見送って、アダムはワインを口に含む。
「ふはは、久々に坊やの顔でも見に行くとするか」
 不敵に笑いながら、アダムはバスローブを足元に落とした。


※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。何かに似ていたりどこかで聞いた気がしても、きっと気のせいですので気にせず寝てしまいましょう!

※全年齢向けで書いてるつもりなんですが、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているので、ちょっぴり暴力だったり性的な表現があったりします。あまり気にしないでください。

※本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧についての保障などは一切いたしません。読んでたら目が痛くなったとか言わない方向で。