「俺は守りたいんだ、仲間を!」 不思議な能力を持った子供たちが送るアクション活劇、ここに開幕! わるいおとなにいたずらしてやるっ!
文章・web製作→勇魚 イラスト・デザイン→やしち

HOME > Episode1 Childlike wonder、参上!(2)

Episode1 Childlike wonder、参上!(2)

「……ねえ、レス・レス。彼の"力"を引き出してあげたら良かったんじゃないの?」
 アッシュの姿が豆粒ほどに小さくなって見えなくなってから、ナターリヤがぼそりと呟く。まるで欲しいおもちゃを親ににせびる時のように、どこか申し訳なく遠慮した口調だった。
「まあ、確かにそうかもしれないけれど……何せ初対面だし、力を得るという事は彼を巻き込んでしまうという事だよ。僕もこんな力、無かった方がいいと思ったことも一度や二度じゃない……」
 レス・レスの言葉はいつも通りの口調ではあったが、どこか哀愁を含む複雑な感情が含まれていた。ナターリヤもそれに気づいて、返す言葉を見つけられないでいる。
「……暗い話になってごめん。早く爆弾魔を探しに行こう」
 その僅かに弱い言葉は、風に溶けて消えていった。

 五人の姿が消えても、アッシュは下を向いたままで動く気配を見せなかった。
(……)
 レス・レスの言葉に、まったく反論できなかったのもまた、事実だった。
 今のアッシュは、何もできない。
 できるはずがないのだ、ただの子供だから。
「確かに、言う通りなんだ……」

 ……相手は人を殺す事をなんとも思わないような相手だ。
 そんな奴を相手にして、無事で済むはずがない。

 レス・レスの言葉通り、アッシュには何もできないかもしれない。最悪、足手まといになるかもしれない。それは本人もよく分かっていた。
 確かにその通りだし返す言葉もなかった。

 ……だが、納得はいかない。

「けれど……」
 アッシュはうつむいたまま、ただ慣性に従ってとぼとぼと歩き出した。何のあても無く。
(……また一人ぼっち、かあ)
 アッシュは、歩きながら自分の胸をどんと叩いた。
 そう、目の前で起こった不可思議な出来事に、この日常が変わる事を少し期待してしまっていた。そして、それを彼らに重ねていた。
 もちろん、そういう依存が良くない事ぐらい、アッシュにだって分かっている。だが、精神的にかなり参ってしまっていることもまた、事実だった。

(『心まで貧しくなってはいけない』、か……)

「アダム社長! 今回の収賄事件について何かコメントを!」
「政治家との癒着も指摘されていますが、それについてはどうですか!?」
 突然に聞こえてきた大声に、アッシュははっと我に返って顔を上げた。
 見ると、入り口に"アダム・コーポレーション"と書かれた、大きくそびえ建つビルがあった。高く大きいのはもちろんだが、外観は微妙にカーブがかかっており、真ん中がへこんでいる。その真ん中は円形にくり貫かれて大きなガラスが張ってあり、それを取り囲むように高さ三メートルほどの輪が、まるで土星の輪のようにビルを囲んでいた。
 階数はちょうど百階で、ウッドシティでも最も高いビルである。その前に多数の報道陣が集まっていた。
 報道陣の前には一人の男性がいる。世辞にも趣味がいいとは言えない紫色のスーツに身を包み、サングラスをかけていた。がっしりとしたいい体格をしており、身長も二メートルほどある。顎を覆う逞しい髭とスキンヘッドが、威圧感を与えていた。
 彼は報道陣を見下す視線で見回してから葉巻を取り出して、ふてぶてしくくわえた。記者たちが沈黙で見守る中、男は金色のジッポライターを取り出して、葉巻に火をつける。
「あー、ご苦労様なことだ」
 煙を吐き出しながら面倒そうに言って、アダムは頭を書く。心底侮蔑した視線でもう一度報道陣を見渡して、それから葉巻をゆっくりと吸った。
 それから手を伸ばしたかと思うと、目の前にいる女性報道陣が持っていたマイクを引っ掴んで、女性を蹴り飛ばしてマイクを奪い取る。
「あーあー、テステス」
 何事も無かったようにマイクを持つアダムに、報道陣は動けなくなる。倒れた女性を助けようとはせず、むしろカメラを向けてこの事実を撮影する事を優先する。
「お前らは死体に群がるウジ虫か? それともハイエナか? いや、ハイエナは子供を大切にするな。これはハイエナに失礼というものだ、あっはっは!」
 どうやら冗談のつもりらしいが、報道陣は完全に静まり返っていた。だがアダムはそれを気にせず続ける。
「そもそもだ、俺が賄賂を送ろうが受け取ろうがどうしようが、お前らに何か関係あんのか? ケンタッキーのフライドチキンの肉が減るわけでも、スターバックスコーヒーのウェイトレスの尻が減るわけでもない。なぁ、何か困るのか?」
 そのふてぶてしい声に、一同がしんと押し黙る。呆れ返って物も言えないとは、まさしくこのような状況を言うのだろう。悪びれる素振りの無いこの男に対して、何を言っても無駄だと報道陣は悟っていた。
 それを気にもせず、アダムは葉巻をくゆらせながら報道陣を見下す。
「そうそう、せっかくの取材だ。俺の最高のボディーガードたち、"rue-rue girls!"を紹介してやろう。カメラ映えするぞ」
 彼が指をパチンと鳴らすと、多数の女性が姿を表した。合計で四十人ほどいるだろうか。一体どこから現れたのか、一瞬にして揃い、アダムの後ろにずらっと並んでいる。
 女性たちは全員、純白のチャイナドレスに身を包んでいた。上質なシルクのこすれる柔らかな音、精巧な刺繍の施されたドレスに、足をより長く見せる白いタイツ。軽くウェーブがかってゴージャスな印象を演出する、綺麗な長い髪。全てが彼女たちの豊満なボディをより肉感的に見せ、その輝く髪、瞳、唇、爪……全てを美しく見せている。全員同じ格好だったが、人種や体格などはばらばらだった。
 このオンステージは、まるで彼女たちのために用意された華々しい舞台なのかとさえ思える。どの女性も充分すぎるほどに美しく、男性報道陣たちは完全に目を奪われてしまっていた。
「さて、彼女たちはとても立派だ。俺の目的を達成するために日々努力してくれている。もちろん、メンバーは随時募集中だ、興味のある方は写真付き履歴書を弊社まで郵送してくれたまえ。一日三時間・週三日からOKだ」
 アダムがおどけて言うが、誰も笑わない。女性に目を奪われるか、アダムが何をしたいのかその真意をはかりかねてあっけにとられているかのどちらかだった。
「……? なんだ、あのえっちぃおねーちゃんたちは……」
 アッシュは興味本位で、人ごみをかき分けて最前列の足元からひょいと顔を出していた。
(……ん?)
 アッシュはふと、不自然な事に気づく。アダムの後ろにいる女性たちのうち、四人だけ姿の違う者がいたのだ。
 その四人は仮面舞踏会で使うような仮面をつけ、服装はチャイナドレスをベースにしているが、どれもデザインが微妙に違い色も白ではない。つまり、より華美になっている、と言った方が正しい。髪形もツインテールだったりロングヘアだったりと様々で、服装もパンツルックだったりプリーツスカートだったりと全然違っていた。
(なんだろう、四天王みたいなもんかなー……)
「さて、では結論を言おう」
 アダムはマイクを持ち直して、続けた。
「一つ目。"Childlike wonder"とかいう奴が、俺にちょっかいをかけたいらしい。用があるなら今夜うちに来い、赤い血のワインでも振舞ってやる」
 言い終わってから、アダムは葉巻をぺっと吐き捨てる。それからもう一度マイクを持ち直して続けた。
「二つ目。俺はChildlike wonderとやらも嫌いだが、同じぐらいお前らが嫌いだ」
 アダムの視線が報道陣を舐めるように見渡してゆく。報道陣たちは皆、顔から血の気が引いてゆくのを感じる――。
 アダムが指をパチンと鳴らすと同時に、rue-rue girls!と呼ばれた女性たちの目の色が変わり、懐から各々の得物を取り出す。刀や銃など、西洋東洋を問わない見本市のようだった。
 その中から一人の女性が一歩前に踏み出した。仮面をつけていた四人のうちの一人である。
 彼女は、長い銀髪を腰まで伸ばした白人女性だった。すらりとした鼻筋に、切れ長の瞳。薄いながらも艶のある唇が美しさを醸し出していた。体には僅かに灰色がかったチャイナドレスをベースにした、体のラインをあらわにする長いドレスをまとい、その凹凸の豊かなラインをより強調している。首元にあしらわれたファーは天然の狐毛だろうか、安物には出せない高級感を醸し出し、彼女をより美しく見せるために貢献している。
 左手には五十センチほどのバックラーを着け、わずかにショートソードの剣身と柄が覗いていた。
 彼女は報道陣を見据えながら、そのショートソードをゆっくりと引き抜く。柄はシンプルながら流線系を多用しており、流れるような形はまるで光が流れる様を連想させる。バックラーも同じようなデザインで、統一感を見せていた。
 真剣の刃に、報道陣はこれから繰り広げられるであろう惨劇を思って、恐怖した。
「It's a showtime!」
 にやついた笑顔でアダムが言って、指をパチンと鳴らす。
 それを合図に、先頭の女性が走り出す。他の女性たちもそれに続いて一斉に駆けだした。
 金属のこすれる音と、硝煙の匂いと、悲鳴。それらが場を支配する。無力な報道陣たちは、突然降りかかった予想外の暴力に倒れていく。
 まさしく、地獄絵図が展開されようとしていた。
「うわああぁぁっ!」
 一人の報道陣の前に、先ほどの女性が立ちはだかる。彼女はまるで道に落ちている石を見るかのごとく冷たい眼つきのまま、ショートソードを振りおろした。
「やめろおぉぉぉぉっ!」
 がきぃん、と金属が激しくぶつかる音と火花が飛び散った。
 報道陣が恐る恐る目を開く。そこに見えるのは、剣を地面に振りおろした女性と、曲がった鉄パイプを構えるアッシュの姿だった。アッシュの鉄パイプが剣を弾き、振りおろす場所を逸らしたのだった。
「やめろ! こんなの一方的なイジメだろ! イジメかっこわるい!」
「……子供にしては悪くない。だが、震えているな」
「!」
 言う通りだった。アッシュの足はがくがくと震え、構える両手も震えている。
「うるせえ!」
 実際、アッシュは完全に飲まれていた。普通、スポーツの剣では流血沙汰になることなどなく、殺し合いになることもない。このような真剣勝負の経験など無かった。
 その上、アッシュの剣はあくまで護身用の我流のもの。縮みあがってしまうのも、当然のことだった。
「その勇気は良し。――少年、名前は?」
「俺はアッシュ。アシュレイ・フィールドだ!」
「なかなか良い名前だ」
 少しでもこの状況を覆そうと大声を出すアッシュだが、それに彼女はまったく動じず、ふっ、と僅かに微笑んでみせる。
「我が名はヴィクトワールだ。貴様の剣は、年齢を考えれば充分に立派な剣だ。よって――」
 ヴィクトワールは剣先を天に向け、眼前に構えてそっと瞳を閉じる。
「この剣に誓おう。決して卑怯な行いはしない。正々堂々と戦い、貴様を打ち倒すと!」
「――!」
 アッシュには、彼女の存在が非常に大きく見えた。実際は身長百六十センチ程度のヴィクトワールが、今のアッシュには倍以上に見える。

(アッシュ……困っている人を助けてあげるような、立派な大人に……なってね……)

 耳元で聞こえる、ママの最期の声。
 完全にビビッているアッシュを、振るい立たせる。

(負けるもんか、負けるもんか! せっかく助けてもらったこの命、必ず掴み取ってやる!)

「うおおぉぉっ!」
 アッシュが、地面を蹴って飛び出した。小柄なアッシュらしく上体を屈めて、常人には捉えられないほどのスピードで。
 その勢いを乗せて、右手の鉄パイプを左から右へと大きくなぎ払う。
 がきん、と固い手応えが手に伝わる。ヴィクトワールは胸に当てるように引き上げた右足の外側に、先を下に向けた剣を添え、鉄パイプを正面から受け止めていた。相手が青年男性なら、その深いスリットから覗く柔らかそうな太股と、薄い下着に気を取られていたかもしれない。
 とにかく、ひとつひとつの動きが全てが優雅で、荘厳だった。
(反応された――!?)
 自慢の初撃をあっさり受け止められたが、これで終わりではない。アッシュはすぐに鉄パイプを左手に渡すと、そのままわずかに引いて、顔面目掛けて突き上げた。
 ヴィクトワールは右手で剣をくるりと上へと返して、剣身の腹を鉄パイプに添える。それから軽く力を加えて、顔面を狙った攻撃を外側へとそらした。
「まずは足を狙って俊敏な動きを封じ、下に意識が向いた瞬間に今度は上への攻撃か……末恐ろしい子供だ」
 ヴィクトワールが言いながら微笑んでみせる。だが、それは楽しい笑顔ではなくどこか冷酷で冷めており、まるで研究動物が予想以上の成果をあげてくれたような、そんな笑顔だった。
「スピードも充分だが、まだまだだな。素早い攻撃とは、こういう攻撃のことを言う」
 言うが早いか、ヴィクトワールの右手がふっとぶれて、アッシュの視界から消えた。
 どん、と体の中を衝撃が貫いた。
 頭のてっぺんからつま先まで、まるで電流でも駆け抜けたかのように。
「え……?」
 アッシュは恐る恐る自分の体を見下ろしてみて、自分の胸に何かが突き立てられている事に気づく。

 ヴィクトワールのショートソードが、胸に数センチ、突き刺さっていた。

 彼女の香水だろうか、鼻を撫でる高貴なジャスミンの甘く気高い香りだけが、いやにリアルに感じられる。突いた勢いで彼女の銀色の髪がふわりと広がるのが、スローモーションに見えた。

「良いか、スピードを意識するなら相手の視線を考えろ。今のはそれを応用した技術のひとつで、一瞬上に動かし剣を振り上げると見せかけて、相手の視線が動いた所で逆方向へ動かして視線を外す――そういうことだ」
 ヴィクトワールは冷たく微笑みながら、剣を抜いて足元に向けてぶんと振る。剣先の血が地面に飛び散って、小さな水玉模様を描いた。
「……あ……!」
 がくり、とアッシュは地面に両膝をつく。その衝撃で、胸の傷から血が飛び出し、ぽたぽたと数滴落ちた。
「手加減しておいた、その傷で死ぬことはないだろう。さて、今日はこのぐらいにしておこうか」
 ヴィクトワールはくるりと踵を返して、ショートソードをバックラーにしまった。
「待て、勝負はまだ……」
「何を言っている?」
 振り返りながらヴィクトワールが言うのに、アッシュは気づく。

 ……静かだ。
 先ほどまでの喧騒が嘘のように。

 そう、この場で動いている人間は、rue-rue girls!とアッシュ、それにアダムだけとなっていたのだ。
「うわ……うわああぁあぁぁあぁっ!」
「白蟻の駆除はこれで終わりか。……ん? なんだこのガキ」
 両手をポケットに入れたまま、アダムが近づいてくる。不思議そうに顔を近づけて、青白い顔のアッシュを品定めでもするかのように、舐め回す視線で見回した。
「アダム様、その子供は非常に良い太刀筋をしております。どうか、見逃して頂けますでしょうか」
(……"アダム"!)
 アッシュはレス・レスの言葉を思い出していた。彼らChildlike wonderは、アダムを倒すために存在しているのだと。いま目の前にいるこいつが、彼らの敵なのだと。
「なるほどな。お前が珍しく楽しそうな顔をしていると思ったら、そういうことか」
 そんな事をアッシュが考えていることなど露も知らず、アダムは言葉を続ける。
(楽しそう?)
 アッシュは思わずヴィクトワールを見上げる。とてもそうは見えなかったからだ。
「ただそれだけの、戯れです。我がアダム様に逆らうような真似は絶対に致しません」
「当然だ。まあ、こいつは面倒なんでとりあえず牢に入れとけ。……さて、とりあえずこれから忙しくなるな。ウッドシティを支配するために、やることはまだたくさんある」
「!」
 アッシュはその言葉に耳を疑った。

 この街を支配する……だと?

 言ってアダムは欠伸をしながら、アッシュの事など気にもせず、ビルの中へと消えてゆく。ヴィクトワールも他の仮面に声をかけてから、そのままビルの中へと消えた。
「へー、やるもんだね♪」
「……?」
 茫然としたままのアッシュの右手がぐんと引っ張り、声をかけてくる者がいた。ふわり、とミモザの春を思わせる暖かな香りが鼻をくすぐる。
 それはrue-rue girls!のメンバーで、仮面を着けた者の一人だった。身長はアッシュよりも小さく、プラチナブロンドの長い髪をツインテールにまとめている。淡い黄色のチャイナドレスに身を包んでおり、凹凸は貧弱だがスリムなボディラインをあらわにしていた。細かなひだがぱっと広がったプリーツスカートと、膝上まである黒とピンクのボーダーが入ったソックスが、ロリータな彼女をより可愛らしく見せていた。
「あのヴィクたんを認めさせたのはすごいよ! まあこれからも頑張りたまえっ♪」
 アッシュの顔をひょいと覗きこむと、少女は楽しそうな顔で微笑む。この惨劇の後には似つかわしくない、純粋な笑顔だった。
「さぁ、もう行きますよ?」
 もう一人の仮面の女性が、反対側からアッシュの左手を掴みながら声をかけた。長い黒髪をまっすぐに伸ばしており、前髪は水平に平たくカットされている。彼女もまたチャイナドレスをベースとした服で、色は薄緑。襟は口を覆うことができるほどの高さがあった。身長は百六十センチ弱ほどあり、ヴィクトワールよりも少し小さいぐらいだろう。その割に全体的に細く、美しいシャープなシルエットを見せていた。長いスカートのスリットから覗く下半身はスパッツに覆われており、その黒色がスタイルをよりシャープに見せている。
 彼女を包む香りはユーカリだろうか、くっきりとしたシャープな香りに、ほのかな甘みを漂わせていた。
「何を……?」
「あなたを捕まえるの。ヴィクトワールの言う通り才能があるんだったら、敵にまわられたら面倒だわ」
 二人はアッシュの脇に腕を通し、軽く持ち上げて運び始める。抵抗しようにも、アッシュにはその力は残されていなかった。
「くっ……! なんだよお前ら……!」
「それはこちらのセリフよ。アダム様の邪魔をする子は、お仕置きですからね」
 黒髪の女性がおどけて言う。明らかに子供扱いをされたのにアッシュは不快感を覚えたが、何もできずに二人に引きずられてゆく。
「まあ、子供で良かったわ。"腕に胸が当たってラッキー!"とかくだらないことも思わないだろうし」
「ねぇ、それ何の話?」
「男はくだらないって話よ」
「ふぅん……?」
(なんだ……なんなんだよ一体……っ)
 二人の軽妙なやりとりを聞きながら、アッシュの意識は遠のいてゆく。その中でアッシュは、先ほどの仮面の男たちを思い出していた。


※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。何かに似ていたりどこかで聞いた気がしても、きっと気のせいですので気にせず寝てしまいましょう!

※全年齢向けで書いてるつもりなんですが、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているので、ちょっぴり暴力だったり性的な表現があったりします。あまり気にしないでください。

※本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧についての保障などは一切いたしません。読んでたら目が痛くなったとか言わない方向で。