「俺は守りたいんだ、仲間を!」 不思議な能力を持った子供たちが送るアクション活劇、ここに開幕! わるいおとなにいたずらしてやるっ!
文章・web製作→勇魚 イラスト・デザイン→やしち

HOME > Episode1 Childlike wonder、参上!(1)

Episode1 Childlike wonder、参上!(1)

「アッシュ……」

 声が、俺を呼んでた。

「アッシュ、貧しいからって心まで貧しくなってはいけないの」

 この声を俺は知ってる。

 そう、ママの声だ。

 ママは優しくて綺麗で、うちは貧乏だったけどそれでも楽しかった。
 毎年誕生日をちゃんと祝ってくれて。クリスマスには、小さいけれどケーキも用意してくれて。
 うちにはパパがいなかったけど、そんな事なんて、気にもしなかった。

「アッシュ……困っている人を助けてあげるような、立派な大人に……なってね……」

 だけどさ……。

 ――ママは、三年前に事故で死んだんだけど……?

「ぐ……」
 絞り出すようにうめいて、アッシュは体をわずかに身震いさせた。
 アッシュことアシュレイ・フィールドは、灰色の髪を短く刈り上げた十歳の少年だった。身長は百十センチほどで大きい方ではない。熱い夏ということもあり、彼はタンクトップを羽織り、膝丈のミリタリー柄のパンツを着て、サンダルを履いていた。
「いつ……っ」
 アッシュは体を起こそうとして、起こせない事に気づく。仰向けに寝転んだその上に、崩れた壁らしきものがのしかかっていた。
 ここは、"ウッドシティ"最大の総合施設、"ペルファボーレ"。全体で三万七千平方メートルを越える建物内には様々なショップが並び、ここに来れば食品から生活用品、挙句にペットまで何でも揃うショッピングモールである。そんなわけで、市民から重宝されている場所だった。
 その搬入口近辺のゴミ捨て場で、アッシュがいつも通り残飯やその他のゴミを漁っていた時。
 激しい爆音が響いたと思うと、上から壊れた壁が降ってきて、そこから意識が無かった。広かった搬入口は天井が完全に崩れ、建物のあちらこちらから煙があがっている。何が起こっているかは分からなかったが、異変が起こっているというのはよく分かっていた。
「いってぇ……」
 とりあえずアッシュは口に出してみる。全身あちこちが痛むが、特に胸の痛みが致命的だった。
 強大な、圧迫感。
 押しつぶされる痛みはもちろん、ずきんずきん、と内から響く鋭い痛みもアッシュは感じていた。おそらく、壁に押しつぶされた際に、骨が折れているのだ。
 アッシュの小さい体は、いまにも完全に押しつぶされそうだった。のしかかる壁の一部は、幸い他の欠片に支えられ、その重さを分散させてはいる。だが、その支えはすでにひび割れており、時間の問題だと思えた。
 体をよじると、下半身が完全に挟みこまれて動かせないことが分かる。両手で踏ん張って体を引き抜こうとするが、びくともしない。足首と膝が完全にひっかかってしまっており、ここから出るのは不可能だろうと、アッシュはため息をついた。

(……死ぬのかなあ)

 アッシュは空を見上げてふと思う。ここにきて、"死"という現実が妙にリアルに感じられ、少しだけ身震いした。

 思えば、ママが死んで三年。

 全てを失ったアッシュは、理不尽な運命と戦っていた。施設に入ったのはいいが、マフィアの地上げにあって施設もすぐに無くなってしまった。それからは路上生活を強いられ、毎日を生きるだけで精一杯なのだった。

(……もう、いいや……)

 すでに、アッシュの意識は朦朧としていた。
 今という現実を、受け入れようとして。

 ……そうだ。
 悪いことばかりでもない。

 ママと再会できるのであれば、それも悪くない――。

「これはひどいわネ」

 そんな事を考えて朦朧としていたアッシュに、不意に声が届いた。
 少女の声が、いきなり場に響いたのだ。
「……?」
 ゆっくりと、瞳を開ける。そこに、人影があった。

 一人の、少女だった。

 身長はアッシュより少し小さいぐらいだろうか? キャラメル色の長い髪をポニーテールに結わえて、ワンピースの下にスパッツを履いている。柔らかく波打つスカートは、ふわりと風に揺れて穏やかな雰囲気を醸し出しており、銀フレームのメガネをかけているのが彼女を知的に見せていた。背中にはランドセルを背負っており、その肩ベルトを両手で持ちながら、アッシュを見下ろしている。
 わずかにふわりと香るのは、ガーベラの甘い香り。彼女がつけている香水だろうか? とにかくそれが彼女の雰囲気を柔らかく見せていた。
「ちょ、そこに乗ったら苦しい! 重いから!」
 そう、少女はアッシュの上にのしかかる壁の上に、立っていたのだ。
「あら? ごめんねー、すぐに楽にしてあげるからネ……」
 少女が言いながら、腰を落として乗っている壁へと手を触れる。
「"こだわりを捨てて……Небольшая надежда(ネボリシャ ナデズダ)"!」
 小声で何かを呟くと、壁に触れた手がわずかに光る。
(……?)
 アッシュは呆然としたまま、それを見つめていた。一体何が起こっているのか、さっぱり分からない。
 しかし、すぐに異変が起きるのにアッシュは気づく。体にのしかかる重みが、明らかに軽くなった。
 いや、軽くなったどころではない。そこにあるはずなのに、まったく重みを感じない。そこに本当にあるのかさえ、疑いたくなった。
 不思議に思って、右手を伸ばして壁をぐっと持ち上げてみる。それはまるで重みを感じず、ひょい、と簡単に持ち上がってしまった。
「きゃあっ!?」
 不意に足元が動いたせいで、少女はそのまま後ろにすてんと尻餅をついてごろごろと転がっていったが、アッシュは気にもしない。
「……なんで……?」
 アッシュはゆっくりと壁を持ち上げながら、体を起こしてゆく。立ち上がって壁を支えている姿はまるでヒーロー映画のワンシーンのようで、さながら「ヘイ、ヒーローは死なないって知ってるか?」とでも言えば良いのか、などとアッシュは考えて、頭をぽりぽりと掻いた。
「ちょっと、いきなり動かないでヨ!」
 影から、少女が飛び出してきた。両手を腰にあてて、ぷんすかと怒った顔で、今にも頭から湯気を出さんばかりに。
「ごめん、そういうつもりは無かったんだけど……いつっ」
 苦笑いしながら答えて、不意の胸の痛みにアッシュは顔をしかめる。額には油汗が滲み、その辛さを物語っていた。
「あら? 怪我してるの?」
「すげぇ痛い……いつつ……」
 壁を横に放り出して、両手で胸を抑える。支えを失った壁は重力に従って倒れ、地面にぶつかるとまるで発泡スチロールのように軽く跳ねた。
「すぐ助けが来るから、もうちょっと待っててネ」
 言って少女はアッシュに駆け寄り、肩を貸す。アッシュは素直に体重の一部を預けると、さくらんぼの甘い香りが鼻をくすぐった。
「……ワタシはナターリヤ。キミは?」
「俺はアッシュ。アシュレイ・フィールド、十歳」
「あら? ワタシより年下なのネ。"お姉さん"って呼んでいいからネ」
 屈託の無い笑顔でさらりと恐ろしい事を言うと思い、アッシュは苦笑だけして何も言わなかった。
「……あ、来た来た」
 ナターリヤの声にアッシュが見上げると、そこには二つの人影があった。
「げ……っ!」
 その光景に、アッシュは思わず絶句する。
 それもそうだ。

 その二人は、宙に浮いていたからだ。

「お待たせ、ナターリヤ。こっちの様子はどうだい?」
 降り立って最初に口を開いたのは大人だった。ドレスシャツの上に黒のベストを着込み、スラックスも黒色。特徴的なのがその顔で、白い仮面をつけていた。顔をすっぽり覆うその仮面は、流線系の模様が描かれている。髪は濃い黒で、それを耳が少し見える程度の長さで綺麗に整えている。風にさらさらと揺れるあたり、柔らかく繊細な髪質なのだろう。髪を含めて全身黒で統一しているのが、よりミステリアスな雰囲気を醸し出していた。
 もう一人は子供で、身長はアッシュよりも小さいぐらい。不思議なのはその顔で、ジャック・オー・ランタンのかぼちゃのマスクをすっぽりとかぶっていた。全身は大きなマントですっぽり包んでおり、その下にラインの入ったシャツを着て、ベルトを何本も巻きつけたパンツを履いていた。
「お待たせ!」
 遠くから声が聞こえたと思った瞬間、アッシュの目の前でざっと砂利を踏みしめる音が聞こえて、少女と少年が姿を表す。
 一体どこから来たのだろうと、アッシュは不思議に思う。走ってくる姿も、気配も、まったく感じられなかったからだ。
「これはひどいもんやわ、同時に三ヶ所、それも出入り口ばかりを狙って爆破しとる……」
 言いながら立ち上がるのは、身長は高いがシャープな少女だった。頭にはブロッコリーを模したマスクをかぶっており、キャミソールにタイツを履いた体は明らかに女性のものだった。覗く肌はわずかに黒く、黒人系の血を引いていることが分かる。健康的に日焼けしており、ハツラツとした生命力を感じさせた。
「ったく、ふざけやがって……」
 最後はジャガイモを模したマスクを被った少年だった。東洋の着物のように、前で合わせる上着を羽織っており、指先がカットされた手袋をはめている。下はゆったりとしたスラックスを履いて、足には下駄を履いていた。
「ねえ、レス・レス。アッシュ君、怪我してるの」
「そうか、どれ……」
 レス・レスと呼ばれた成人男性は、ナターリヤに支えられたアッシュに屈みこみ、その胸にそっと右手を触れる。
「いつっ……!」
「大丈夫」
 彼は静かに微笑んで、そう言った。仮面から覗く瞳が、アッシュを優しく見上げている。
 その手がわずかに淡い光を放った瞬間。
「……!?」
 アッシュは声にならない驚きを、目を見開いて表現する。

 そう、痛みが。どんどん消えていったのだ。

「……君が若くて良かった」
「……?」
「僕の"聖なる導き"は無機物か子供にしか効果が無いんだ……さて」
 アッシュが完全に痛みの消えた胸を不思議そうにこすったり叩いたりしているのを気にせず、レス・レスは立ち上がる。
「ナターリヤ、今回の事件もやはり、奴の仕業のようだね。爆弾魔を使って街のいろんな場所を次々に爆破している……」
「ウン。"アダム"だネ」
「ちょっと待ってくれ」
 アッシュは思わず、二人の会話に割って入る。
「一体何が起こってるの? あんたら誰? その不思議な力は何?」
 アッシュは思いつく言葉をそのまま垂れ流す。思考をまとめて言葉にすることさえできないほどに驚いていた。
「まあ、それが普通のリアクションやよねぇ、バーニィ?」
「だな、QJ」
 ブロッコリー頭の少女がけらけら笑いながら言うのに、じゃがいも頭が腕を組んで頷く。どうやらブロッコリー頭がQJ、じゃがいも頭はバーニィという名前らしかった。
「詳しく説明したいのだけれど、生憎あまり時間が無い。他にも君みたいに怪我している人はたくさんいるし、爆弾魔を追いかけなければいけない」
 レス・レスが神妙な顔で言うのを、アッシュはただ静かに聞いていた。どこか呆けた顔で、目線はレス・レスに向けられていたが遠くを見ているように見える。
「我々は、"Childlike wonder"。アダムを追いかけ、倒すために存在している」


「チャイルドライク……ワンダー……?」
 アッシュは、ボキャブラリ外の単語を呆けた表情で復唱した。
「"無邪気な驚き"って意味さ。まだ活動を始めてから間もないけど、アダムをこの街から追い出したいんだ」
 ナターリヤが頷くのに、レス・レスの隣にいるかぼちゃのマスクが腕をぶんぶん振り回して怒りを表現する。
「マイケルも怒ってるのネ……早く止めないと」
 マイケルに向かって微笑みながら、ナターリヤがまっすぐな瞳でレス・レスを見上げる。それに答えて、彼は力強く頷いた。
「じゃあアッシュ君、ここもまだ爆発物があるかもしれない。危険だから、どこか安全な所へお逃げ」
「……俺も、行きたい」
 アッシュはまっすぐな瞳で、レス・レスの顔を見上げながら答える。何故、そんな事を言い出したのかは、彼本人もよく分からなかった。ただ、思うままにそう言った。
「……アッシュ君、その気持ちはとても嬉しいよ、本当にありがとう。……だが、連れて行くわけにはいかない」
「――!」
「まず、僕たちが追いかけている相手は、とても危険だ。死ぬかもしれない。とてもそんな所に連れていけないよ。それに――」
 微笑みながら言うレス・レスだったが、言い終わったとたんにその表情が真顔になる。まるで「遊びは終わりだ」とでも言わんばかりに。
「――相手は人を殺す事をなんとも思わないような相手なんだ。君の人生において、そこまでの危険を自ら冒すメリットは何もないだろう?」
「だ、大丈夫だよ。俺は剣が使えるから。それに……」
 少し驚きながらも、アッシュは続ける。まるで答えを手探りで探すように。
「ママが言ってた。『困っている人を助けなさい』って」
 アッシュがうつむきながら言うのを、五人はただ静かに聞いていた。少年の心からの声は強固な意志を感じさせ、それは誰から見ても疑う事の無い強さを感じてさせていたからだ。
「だから頼む! 俺を連れてってくれ!」
「……」
 レス・レスは無言のまま、首を左右に振りながら苦笑する。その光景をナターリヤとマイケルが心配そうに見つめていた。
「……君の意思が強いのはよく分かったよ。けれども、これから向かう所は本当に危険なんだ、だから連れてゆけない。早くママの元に戻った方がいい」
 分かっていたはずの答えに、アッシュは眉根を寄せて悲しそうな表情を見せる。それからゆっくりとうなだれて、うつむいた。
「――ママは、三年前に、死んだ」
「……そうだったんだ、ごめん。そういうつもりはなかったんだ」
 呟くアッシュに、レス・レスはうなだれながら、慌てて謝った。頭を下げると、その柔らかい黒髪がなめらかに揺れる。
「レス・レス……」
 ナターリヤは二人を交互に見てから、レス・レスの上着の裾を掴んで弱々しく声をかける。彼を制するようでありながら、同時に彼の心を抱くような優しさが含まれていた。
「……ごめんね。でも、君の気持ちは本当に嬉しかったよ。だからまた、どこかで会えるといいね」
 無理に笑ってみせて、レス・レスは右手をそっとアッシュの頭に乗せる。だがアッシュはそれに反応することなく、うつむいたままだった。
「……」
 遠くで、救急車のサイレンが響き始める。あまりにも大量のそれは、平和な街の午後を切り裂きながらこちらに集まってきているようだった。
「……これでここはもう大丈夫かな、犯人を追わなきゃ。さあ、行こう」
 言いながらレス・レスは背中にナターリヤを乗せて、マイケルの手を握る。
「OK」
 バーニィとQJが大きく飛んだかと思うと、次の瞬間には百メートルほど離れた家の屋根の上にいた。
 それからレス・レスたち三人の体がふっと浮かんでどんどん遠くなっていっても、アッシュは顔を上げられなかった。

 ただ視線を落として、自分の足元を見つめ続けていた。


※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。何かに似ていたりどこかで聞いた気がしても、きっと気のせいですので気にせず寝てしまいましょう!

※全年齢向けで書いてるつもりなんですが、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているので、ちょっぴり暴力だったり性的な表現があったりします。あまり気にしないでください。

※本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧についての保障などは一切いたしません。読んでたら目が痛くなったとか言わない方向で。