還らざる半世紀の終りに > universe17 新たな事実
<< universe16

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe17 新たな事実

 整備が終わりカズン・ドッグを出ると、すでに午後2:00をまわっていた。
 アナスタシアは携帯端末を取り出し、その間は切っていた電源を入れる。特に重要な連絡はなかったが、出掛けに来ていたファビアのメールを、もう一度開いてみた。
『お疲れ様です、ファビアです。昨日はお疲れ様でした。調子はいかがですか? 本日より別任務に当たらなければいけないようなので、しばらくお会いできないかもしれません。それではまた連絡します――ファビア』
 アナスタシアは携帯端末の画面を見ながら、ため息をついた。朝早くに届いていたメールを午後になってやっと見たという事もそうだが、彼の気遣いに対して申し訳ないと素直に思ったからだ。
 ……ファビアと初めて出会ったのは、三年前。彼はガーディアンになって僅か一年だったが、持ち前の精神力と信念の強さで"将来のエース候補"と言われるほどの実力をすでに有していた。
 それでも奢らず、謙虚さを忘れず、周りを気遣える彼の姿勢は素晴らしいと素直に思う。何しろキャストのアナスタシアにはそういった気遣いは失念しがちだったので、尚更そう思ったのだ。
 もちろん、その思いは今も変わらない。
 そんな事を考えながら二の腕のカバーを開けて一本のケーブルを取り出して端末に繋ぐ。頭部のメインメモリに作った文章データをメールに流し込んだ。
(お疲れ様、アナスタシアです。心配はいりませんわ、メンテナンスも終わり気分爽快です。ではまた、次の任務でお会いするのを楽しみにしています――アナスタシア)
「……送信完了」
 アナスタシアは呟いてから、そのまま端末を叩いた。そういえば、ファビアからのメールの後にもう一通メールが届いていたのだった。それはガーディアンズ・ホルテス支部から届いたもので、差出人はガーディアンズ諜報部。昨日の任務での情報に関する事だとは推測できたが、朝はばたついて見る時間が作れなかった。
"アニー、元気にやっとるか? 昨日御前さんが持ち込んだ情報について話がしたい。明日の午後、いつでもいいからホルテス支部に寄っとくれ。なお、支部に来る時は元気良くな。シブシブ来るんじゃないぞ――ラジャ"
 ……なんとなくため息をついて、アナスタシアは端末をしまった。

「いらさーい ませ。グラールの平和を作るガーディアンズへようこそです!」
 受付のシーナは、製造されてまだ間もないキャストなので言語機能があまり発達しておらず、上手に喋る事ができないのだった。
「昨日諜報部に渡した情報の件で、ラジャに会いに来たのですが」
 カズン・ドッグもまた、支部と同じくホルテス・シティにある。ドッグを出て10分ほど歩くと、すぐにガーディアンズ・ホルテス支部に着いた。
 昨日の任務で得た情報が、わずか一晩で有益な情報に化けている可能性など微々たるものではあるが、それに期待するなと言う方が無理がある。とにかく、少しでもいいから何かを得たかったアナスタシアは、メールを見てすぐに支部へと向かっていた。
「ミーティングルームで諜報部のラジャがお伝えしますです。二番の部屋を使ってくらさーい」
「ありがとう」
 微笑んでから、アナスタシアは中へと進んだ。
 ミーティングルームに入ると、年老いたニューマン男性がいた。長い白髪を後ろでまとめ、ニューデイズ製の服に身を包んでいる。その顔は年相応にしわがあった。
「おお、ひさしぶりじゃの、アニー」
「お久しぶりですわ」
 言いながらアナスタシアは椅子に腰を降ろした。
「で、どんな情報が得られましたの?」
「まぁ、落ち着いて、まず茶でも飲め」
 言いながらラジャは、ニューデイズ製の陶器で作られた湯飲みを置く。
「しかし……!」
 焦った表情のアナスタシアに対して、ラジャは至って瓢々として言葉を紡ぐ。
「心配するな、情報ならチャ〜〜んとあるわい!」
「……」
 アナスタシアは言葉に詰まった。というより、むしろ勢いを削がれたと言った方が正しい。
 かれこれラジャとの付き合いも短くはなくなってきたが、彼はいつも重要な場面で駄洒落を言い、脱力させる。それは真剣味に欠け、あまりにもマイペースすぎるように見えるのだ。
 だが、これも彼の作戦かと勘繰りたくなる時もある。なぜなら、彼の分析・情報収集は常に素晴らしい結果をもたらせてくれるからだった。
「あっはっは」彼は笑って、「……が、今回はあまり期待に答えられんかもしれんな。すまんのう」
「……いえ。急な話でしたし」
 ゆっくりと声にして、気を抜くとあふれ出てしまいそうな期待を抑えつける。
「少しだけでも、良しとしますわ」
「うム。そうしてくれると、わしも楽じゃわい。……さて、しかしグラールは広いな。この三惑星に、一体何人の人間がいることやら」
「ですわね」
 彼が一見関係のなさそうな話題から入るのはいつもの事だ。アナスタシアはゆっくりと足を組み換えて、耳を傾け始めた。
「500年の戦争で人口はかなり減ったとはいえ、ここ100年でまた増え始めておる。戦乱などで世が荒れている最中には気付かれないが、落ち着き始めると違う種類の人間が増え始めるのじゃ」
「……悪人や犯罪者の類ですか?」
「ううむ、残念ながら満点はやれん……まぁ〜んてな!」
「……」
「近いんじゃが、定義としては"奪う者"かの」
「奪う……者?」
 その答えに首を傾げる。ラジャの言わんとする事がよく分からなかったからだ。
「うム。そもそも戦争の最終目的は、敵の物資・人民・領地を奪う事じゃろ。破壊だって相手から見れば奪う事に相違無い。そんな中じゃそういう類の行いは正当化されるわけじゃ」
「確かに……」
 言われてアナスタシアはいろいろと思考を巡らせる。単純に、そういう視点で物を見た事がなかった。
「悪人も近いんじゃが、その定義は状況によって変わるので満点ではないわけじゃ。最近では、ローグスを始めとする組織だった"奪う者"が増えているようじゃの」
 アナスタシアは何も答えず、代わりにテーブルに載せた両手を組んで、少しだけ前傾姿勢をとる。
「ヒューマン原理主義を掲げる組織やら、アルフォート・タイラー率いる宇宙海賊やらがその代表格なわけじゃが……そいつらより、最近気になっている組織がある」
 ラジャは言いながら、リモコンを取り出してスイッチを押した。テーブルの上にひとつのホログラムが映し出される。それは白衣を着た、一人のニューマンだった。
 アナスタシアは、その顔に明らかに見覚えがある。
「バーバラっ……!」
「そう、バーバラ=キンケード。かつては"天才博士"と呼ばれた女じゃよ」
「かつては……?」
 確かによく見ると、ホログラムの映像のバーバラは確かに若い。何より、出会った時のような歪んだ表情ではなく、むしろ意気揚々としている印象がある。
「16年前、ニューデイズでA・フォトン、ならびに遺伝子工学の権威ある博士だった彼女は、ある実験を成功させ、一躍時の人となったんじゃ。彼女はA・フォトンの"空間を制御する"という特性を生かし、物質以外のものを転送する技術を生み出した」
「……どこかで耳にした事がありますわ。まさか……」
「そう」
 ラジャは不必要なまでにじっくり間を置いて、絞りだすように続けた。
「"憶"じゃ」
「!」
「どういう原理かは不明じゃが、2匹のラットに同じ記憶を持たせ、まったく同じ習性を持つラットを作り出したのじゃ」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe17 新たな事実
 背筋に冷たいものが走るのを感じて、アナスタシアは思わず立ち上がる。ふらつく体を支えるために突き出したはずの両手が、テーブルを激しく叩いて大きな音が鳴った。
「そんなものがもし人間に対して使われたら……倫理観も、人権も……何もかもがめちゃくちゃになりますわ!」
 記憶をコピーできるということは、中身が同じ人間を量産できるということ。
 そのベースとなった人間の人権は?
 新しい記憶を植えつけられた人間の権利は?
「その"もし"を彼女はやってしまったのだよ」
「……」
「彼女はしばらくして、新たな実験を開始した事を公表した。"二人の人間の遺伝子情報を元に、キャストを作った"と」
「……」
 狂っている。
 アナスタシアはそう思う意外の手段を知らなかった。
「知っての通り、ヒューマン・ニューマン・ビーストであればクローン技術で遺伝子情報から固体を生成する事ができる。キャストであれはクローンキャスト技術で記憶情報から固体を精製する事ができる……」
 アナスタシアはただ、ラジャの話を呆然と聞いていた。
「……じゃが、バーバラは記憶から新しい人間を作ってしまうだけではなく、種族の壁まで越えおった。当然政府も動き出すし、世論の反発も買う。彼女は博士号を剥奪されて表舞台からは姿を消し、そのまま失踪してそのキャストも行方知れず。……という所でこの一件は落ち着いたかのように見えた」
 ラジャはゆっくりと息を吐いて、締めくくった。アナスタシアが目線を落として、眼前で握った両手を小刻みに震わせているのを見て、ラジャは続ける。
「……が、水面下で活動を続けておったようじゃな。この傍らにおったビーストフォームの手の男とやらも、その産物やもしれん」
 ラジャは気難しそうに腕を組んで荒く息を吐きながら、もう一度締めくくった。何らかのリアクションを期待して。
「なんにせよ、やっかいな相手じゃ。先月の太陽系警察との会議でも、バーバラとその組織――"コナンドラム"の調査をガーディアンズが担当する、という事で合議した」
「"コナンドラム"……」
 ゆっくりと息を吸って、ラジャは続ける。
「アニー、御前さんなら遂行できると信じて頼みたい。――やってくれるな?」
「当然ですわ」
 アナスタシアが視線を変えずにためらいなく言うのに、ラジャが静かに頷いた。PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe17 新たな事実
「……じゃが、もうしばらく待ってくれい。生憎、すぐ動ける人間がおらん。御前さんとこのファビアも今日から別任務についておる」
「……そうですか……」
 アナスタシアは明らかに気落ちして答える。それもそうだ、やっと手掛かりが見つかり、話が前に進むと思っていたのに。
「まあ、そうくよくよするな。休むのも任務のうちじゃよ」
 アナスタシアは、脱力した顔で「はぁ」とだけ答えた。
「おお、あと御前さんが持ち帰ったロボットの部品じゃが」
「何か分かりました?」
「結論から言うと、よく分からんという事が分かった。大まかに言えば、テクノロジーの方向は近いが、理論体系がまったく違うんじゃ」
 ラジャはため息をついて続けた。
「分析が終わったら再構築して、実戦で使えるかテストをして欲しい。実弾を打ち出す珍しい銃じゃ」
「実弾?」
 アナスタシアは素直に驚いた。フォトン武器全盛の世の中に、あえて実弾を使うメリットはあまり無い。弾速・効率など、どれを取ってもフォトンの方が良いからだ。今や実弾兵器は、ごく一部のマニアのためだけの武器となっているという現状がそれを物語っている。
「まぁ、そのテクノロジーのテストじゃと思ってくれ。だから、真面目にやってもらわんと困るてすと」
「……」
 アナスタシアは首を少し傾けながら困った顔で、ふぅ、と小さなため息をついた。

<< universe16

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)