還らざる半世紀の終りに > universe16 彼女からの極秘任務
<< universe15

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe16 彼女からの極秘任務

「ランディ、誰も来てないよね?」
「安全でございます、オルハ様」
 ランディは腫れた両の頬をさすりながら、辺りを見渡した。顔にはあちらこちらに引っ掻かれたミミズ腫れができている。なぜこうなったかは、あえて追求しない方が幸せというものだ。
 そんなわけで、オルハとヴァルキリーはランディの事など気にもせず、昨晩テントを張ってあった場所を探索していた。その間無防備な二人を守るために、ランディが見張りをする事になっているのである。
「うーん……ものの見事にめちゃくちゃだなあ」
 オルハは腰に両手を当てながら、地面を見下ろしながらため息をついた。
 昨晩オルハは、テントの中でいくつかの機材を広げて偵察を行っていた。音声を拾い、その情報から位置情報を割り出し、同時に本部へと転送する装置である。小型化されているとはいえ、30センチ四方ぐらいの大きさに10センチぐらいの厚みはある。もちろん、それに付随するフォトンアンテナやスピーカー、モニタなどの小道具もいろいろと広げていた。
 それらは全て、テントごとめちゃくちゃに叩き壊されていた。壊れたテントの骨組みが風で少し揺れて、悲しい金属音を響かせる。
「……きっとデータを抜いてから破壊してるよねえ……」
 ヴァルキリーが呟く。データを分析すれば、"教団を偵察していたこと"が、データの形式と機材の形状から"ガーディアンズの機材であること"は容易に結論付ける事ができる。一番恐れていた事が現実になった事を思ってか、オルハはそれに答えずに、ゆっくりと小さなため息を返した。
「……だめね、特に何も分からないわ」
 ヴァルキリーがフォトンの流れを読んでから、首を左右に振りながら答えた。
「そっか……そりゃあそうだよね」
 オルハは肩をすくめて両手を広げ、なるべく明るく聞こえるようにそう言った。どうしようもない事態だと分かってしまえば、後は良い方へ向かうしかないため多少は余裕が出てくるものなのだろう。
 それに、こんな大げさな話になってしまうと、もうオルハの出番はない。政治的な方たちの出番だ。現実逃避にしか過ぎないとは分かっているが、少しはオルハの気も楽になる。
「オルハ、他に何かある?」
「うーん、あるようなないような……」
「?」
 いやに気難しい顔のままはっきりしない声で答えるオルハに、ヴァルキリーは首を傾げた。
 グラール教団の近辺をガーディアンズが探っていた、というだけでも大スキャンダルなのに……それ以上に困った事態? まったくもって想像がつかない。
 オルハは、眉をひそめたままでうーんと唸ってから、胸の前で腕を組んだ。
 人があまりいない地域という事もあり、テントの中に個人的な荷物の一部はずっと出したままだった。それは、着替えや暇潰し用の雑誌、後はおやつなどである。
 隠密行動中で最も困るのは、体を洗えないということ。オルハは決して綺麗好きというわけではなかったが、年頃の女性として当然の心理と言えた。いくら秋口とはいえ、まだ普通にしているだけで汗もかくし、運動量だって少なくないのが任務というものだ。なので、着替えは多く持ってきていた。
 そころが、その一部が見当たらないのである。
 近くを探しても風で飛ばされたわけではなさそうだし、だとすれば回収されたと思うしかない。問題なのは、その回収されたと思われる"一部"なのだ。
「……オルハ? 顔色悪いよ?」
 そっとヴァルキリーが顔を覗き込んだ。オルハは僅かに青い顔で地面を見下ろしたまま、動かなかった。額には脂汗が浮かんでいる。
(……まずい。これはまずい……!)
 ……子供の時から大好きな"甲獣戦隊コルトバン"。
 四足獣にしか見えない風体だが実は甲殻類である、"コルトバ"いう原生生物がパルムに生息している。"コルトバン"とは、それをモチーフとした子供向け特撮ヒーローアニメ番組である。
 その主役であるコルトバン・レッドが、尻に大きくプリントされたパンツをこの年になっても履いていたなんて……誰にも知られたくない。見られたくない。よりによって、なんでそれを持ってくんだよ……。
「な、なんでもない。なんでもないよ、アハハ……」
「……?」
 乾いた声で笑うオルハに、ヴァルキリーは首を傾げた。深く追求しないのが大人のマナーかな……と自己完結させておく事にする。
「そ、それより。そろそろお昼にしよ? ……おーい、ランディ! お昼食べるよ!」
「分かりました、オルハ様ー」
「それはもういいから!」
「……やれって言ったの誰だよ」
 三人は周辺にマットを広げて座りだす。ランディは市販の弁当を取り出し、ヴァルキリーは大きなバケツのようなもの――私物の弁当箱らしい――を取り出す。二人とも厳密にはまだ任務を開始していないので、食事もちゃんとしたものを用意してきたようだった。
「オルハ、案内ありがとうな。俺たちは奥地に向かう、現地を詳しく調べなきゃいかんからな」
 ランディが弁当箱から取り出した、サンドイッチを頬張りながら言った。
「そうだね、それが最優先だね」
 ヴァルキリーが弁当箱をいそいそと開きながら、同意した。高さ50センチはあるバーレルの中には、骨付き肉や唐揚げなど肉のオンパレードだったが、誰もそれにはあえて言及しなかった。
「しかし、変な話だね。死体からA・フォトンが検出されるって」
 オルハもゼリー状の携帯食料をすすりながら、不思議そうに言った。任務の内容については、道中一通り聞いていた。
「まあな、まったくもって意味が分からん」
「そもそもさ、アルファ先生に分からないものがボクらに分かるとは思えないよね」
「同感だ」
 ランディとオルハは、腕を組んで深く頷きあう。なんだか変な連帯感が生まれていた。
「……あ、しまった」
 不意に、オルハが声をあげた。
「そういえば朝、人員増強してくれるとか言われたんだよね。ボク、一旦報告も兼ねてご飯食べたらシティに戻る」
 そうだ、朝にそんな話があったが詳細を聞いていなかった。上司がドジなせいもあるが、オルハも負けてはいない。
「そうだな。気をつけて戻れよ」
「うん。ランディたちこそ、頑張ってね」
「ああ、ありがとうな。……さて、腹もふくれたし、行くか?」
 ランディがゆっくりと立ち上がりながら、言った。ヴァルキリーもそれに続いて立ち上がる。
「またね、オルハ」
「うん、ヴァルもね。じゃあ、またね!」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe16 彼女からの極秘任務
 歩き出す二人の背中を見送りながら、オルハはちょっと寂しくなっている自分に気づいた。一度パーティを組むと、一人になるのが寂しくなる。オルハはかぶりを振って、ゆっくりと息を吐いた。
 だが、同時にそれを普通だと思っている自分もいる。やるかやられるかの世界に長かったせいか、信じられるのは自分の能力という事実も、体感的に理解していた。
 そう、しばらく一人で隠密をしていたから、一時的にセンチメンタルな気分になっただけだ。そう結論付けて、シティへと向かって歩き出す。
 ……そういえば、ガーディアンズに入ってからいろいろと大事な思い出が増えている。初日から研修講師が気に食わなくて大暴れし、ついたあだ名が「腐れ山猫」だ。ロクなもんじゃないが、今となってはいい思い出だ。
 もちろん、当時は自惚れていたせいもある。一人で何でもできると過信していた。そんなオルハに、協力の大切さや自由と自分勝手の違いを教えてくれたのは、ランディやイチコを始めとするたくさんのガーディアンズたちだった……。
 オルハは、歩きながら空を見上げた。
 広い空を飛ぶ鳥のように自由になりたいと、素直に思いながら。

 オウトクシティまでは二時間ほどで到着した。支部に向かう途中、不意に思い出して携帯用端末を取り出す。偵察中に鳴ったり震えたりするのは困るので、定時通信の時以外は電源を落としていたのだ。
 電源を入れると、ガーディアンズの友達たちから何件か連絡があった。どれも特に重要な話ではない。10件以上の録音されたメッセージを聞いている最中、いきなり端末が鳴りだした。
「うわ! ……はいはい」
「あ、つながった。こんにちは、イチコだよー。極秘任務中だって言うからつながんないと思ってたー」
「うん、電源入れたの今なんだけどねー」
 笑顔でその声に答える。イチコが持つ空気感に癒されて、ついつい顔がほころんでしまうのだ。
 ……ん? ちょっと待って。
 昨晩会った時、どんなやりとりをした?
 イチコはオルハが極秘任務に就いている事は知らない素振りだったし、ちゃんと誤魔化したはずだ。仮に彼女がオルハの言動がおかしいと思ったとしても、事実を調べる事は不可能なはず。そうでないと"極秘"の意味が無いし、そもそもそういう疑いを持つようなタイプの人間ではない事もオルハは知っている。
「 ……ってちょっと待って! なんでイチコがそれを知ってんの!?」
「その事で詳しい話がしたいから支部に来てよ、って言うつもりだったんだよー」
「あー、分かった! 増員するってイチコの事だったんだ?」
「え? そうなの? 私も今聞いた所なんだけど……?」
 イチコの声は明らかに不思議そうだったが、オルハはそんな細かい事は気にしない。
「今向かってる所だからもうすぐ着くよ。じゃあまた後でねー!」
 ……ほんとに人が悪い。イチコが来るのなら最初からそう教えてくれればいいのに……。
 オルハはちょっとウキウキしながら、軽い足取りで支部へと入って行った。

「ごめんね、なんだかややこしい事になっちゃって」
 言いながら彼女は頭を下げた。
「ほんとは、一人だけ増員するつもりでファビアを呼んだんだけどそれを忘れちゃってて、イチコにも任務を依頼しちゃったの。ごめんね、私ってドジだから」
 オルハは「はぁ」と、限りなくため息に近い気の無い返事をしながら頷いた。別に呆れているわけではなかったが、「この人ほんとにドジなんだなぁ」と妙に納得したらしい。現実は現実と受け入れたと言うほうが正しいかもしれない。
「……では、改めて御挨拶をさせて頂きます」
 二人の顔を見ながら、ファビアが微笑みながら右手を差し出して、口を開いた。
「はじめまして、オルハ、そしてイチコ。ファビア・アルティウスです。氷系のテクニックを得意とするフォースです」
 グラールではテクニックの行使に長けた人間、特にガーディアン内では"フォース"と呼称する。その語源などはすでに歴史の闇に埋もれてしまっているが、人々は敬意と恐怖をこめて彼らをそう呼んでいた。
 オルハとイチコは差し出されたその手を順に握り返しながら、挨拶をし返した。
「はじめまして、イチコだよ。こちらこそよろしくね!」
「ボク、オルハ・ゴーヴァ。よろしくね!」
 ファビアはなんとなく、この二人は似てると素直に思った。外見も服装もまるで違うのだが、空気感というか雰囲気が似ている。恐らく本質が似ているのだろう。
「じゃあ、任務について詳しく説明するね」
 彼女は席を立ち、壁のディスプレイに向けてリモコンを操作した。すぐにオウトクシティ周辺の地図が現れる。その地図に、まばらに赤い点が広がった。
「この点が、"カマイタチ"の被害があった場所なの。かなり広い範囲なんだけど……よいしょ」
 彼女は言いながらリモコンのスイッチを押す。途端に画面が消えた。PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe16 彼女からの極秘任務
「あれ? ごめんね、私ってドジだから」
「はぁ」
「はぁ」
「はぁ」
 三人の声がハモった。みんないろいろ分かってきたらしい。
「……で、これなんだけど、最近一週間で起こった点だけを表示させると、こうなるの」
 映し出された赤い点は、オウトクシティ近辺から、オウトク山を結ぶ線上に散らばっていた。
「なかなか意味深ですね。"カマイタチ"は捜査を混乱させるために、範囲をオウトク山まで広げたのか、それとも……」
「オウトク山へ向かう用事の"ついで"だったのか……でしょ」
 オルハの声にファビアは頷く。
「確かに、自警団でもたまに街から離れた場所で被害に合う人がいるよ。そもそも、そんな所に行く人って限られているし」
 イチコが言う。確かに一般人が行く場所ではなく、せいぜい聖地の巡礼に向かう程度だ。そもそもSEEDの到来後はモンスターが多く、まず人など住んでいない。
「そんなわけで被害が増えてるので、任務の優先順位を変更するわね。今までは教団と"カマイタチ"の関係を偵察するのがが優先だったけど、それよりまず被害を減らしたいの」
「つまり、偵察より見回りと遭遇情報の収集、そして"カマイタチ"の撃退を優先というわけですね?」
 ファビアの声に彼女は頷いた。
「……ではまず手始めに、こちらの情報を話します。先ほど教団の自警団に参加しているガーディアンたちと話をしたんです」
 ゆっくりとファビアが話を続ける。
「はっきりと"カマイタチ"の姿を見たことがある者はいませんでしたが、教団でも被害にあった者はいます。それで、ここからが肝心なのですが」
 ここで止めてゆっくりと息を吸い、ファビアはうまい具合にじらす。
「――怪我は、フォトン傷だったそうです」
「……つまり、フォトン武器で切られてるってこと?」
 きょとんとした顔で、オルハが聞き返した。
「うん。なのに、不思議な事に誰も"カマイタチ"の姿を見ていないんだ」
 オルハの声に、ファビアに代わってイチコが答えた。それに続く形で、ファビアがゆっくりと話し始める。
「……そうです。おそらくこれは人災だと、私は睨んでいます」
「人災……!?」
 オルハは驚きを隠さないまま声を上げる。"カマイタチ"はあくまで新種のモンスターによる被害やその類だと思っていたのだ。
「……あくまで個人意見ではありますが、現在の情報を統合してみると、私にはそうとしか思えないのです」
 ファビアが神妙な、どこか悲しそうな面持ちで言った。
 辺りが思い空気で覆われ、急にしんとなり時間だけが闇雲に流れてゆく。
「でもさ、化け物じゃなくて人間なら全然怖くないじゃん? ボク、オバケとか怖いの嫌いだし」
 不意に沈黙を破って、オルハがあっけらかんと言った。それに一瞬空気が凍ってから、三人は顔を見合わせる。
「……はは、ははは……!」
 堰を切ったように笑い出す。オルハだけ意味が分からず、きょとんとして全員の顔を見回した。
「? ボク、何かおかしい事言った?」
「いや……あはは、オルハ、あなたは大物だ」
「ほんと、やっぱりオルハはすごいね……あはは……」
「……???」
「あはは……頼りにしていますよ」
 わけが分からないオルハをよそに、全員が腹を抱えて笑う。目に涙を浮かべながら、ファビアがかろうじて話し始めた。
「ま、まあ……準備ができたら出発しませんか? 日が暮れる前に探索をしておきたいですから」
 それを聞いているのかいないのか、オルハはちょっとふくれながら頷いた。

<< universe15

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)