還らざる半世紀の終りに > universe15 懐かしい光景と新しい道
<< universe14

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe15 懐かしい光景と新しい道

 早朝5時。ファビアの朝は、いつも通りの起床から始まる。
 基本的に夜ふかしなどする事は無いし、ガーディアンたる者としてそのような不戒律な生活は自重すべきだ、とファビアは考えている。
 起きて顔を洗うと、そのままコロニー内の小さな公園に向かう。軽く走りこんでの基礎体力作りの後に、テクニックのトレーニング。コロニー内で実際にテクニックを発生させるのは問題があるため、ここでは精神の鍛錬とイメージトレーニングを主とする。
 6時ちょうど。トレーニングが一通り終わると、ファビアは部屋に戻ってシャワーを浴び、朝食を作る。朝食は一日の大切な栄養源である事を彼は知っているので、朝は胃への負担が軽くて吸収が良く、栄養の高いものをと心がけている。
 本日のメニューはゲンマイ、ミソスープ、それに「ナットー」と呼ばれる、大豆を発酵させたものだ。食物繊維とタンパク質、それにオリゴ糖も豊富である。これらの食物は全て、ニューデイズでは一般的に食べられているものだ。
 物心ついてからずっと両親と同じ生活をしているうちに、ファビアにとってこのような規律ある生活はすでに当たり前となっていた。もちろん、ガーディアンズになってからの4年間も、欠かした事は一度も無い。
 ただひとつだけ違う事は――食事の前の祈りを、両親に捧げるようになった事。
 それだけだ。
 ゆっくりと噛むように注意しながら6時30分に食事を終えると、手際良く食器を片づけてから自室に取り付けられている情報管理端末の画面を指で叩く。これはガーディアンズに支給されるもので、メール機能・スケジュール管理・タスク管理・テレビ通話機能などを備えている、"ビジフォン"と呼ばれるものだ。もちろん、同じくガーディアンズから支給される携帯端末のデータと同期が取られており、最新情報は携帯端末からも取り出す事ができるようになっている。
 一通り、定期購読しているニュースに目を通してから"日刊ガーディアンズ"にも目を通す。ガーディアンズ本部より毎日配信されている、ガーディアンズ専用のニュースペーパーのようなものだ。やはりSEED関連の話題が多く、慢性的な人手不足が続いているのが見てとれた。
 ピッ、と音が鳴る。新しいメールを受信したという合図だ。
 本部のミーナからのメールは、重要度"最高"。何事かと即座に開くと、ミーナの立体ホログラムが現れて喋りだす。
「お疲れ様です、ミーナです。ファビアさんに依頼したい任務があります。本日午前11時に、本部へ来て頂けますでしょうか? 以上、よろしくお願いいたします」
 頭を下げるミーナのホログラムを見て、ファビアは少しげんなりする。昨日の夕方、モトゥブから帰って来たばかりなのに、早速次の任務とは……。SEED事件以降、明らかにガーディアンズは多忙になっており個々のガーディアンのスケジュールをあまり考慮してくれなくなった。
 だが、それは仕方の無い事だ。ファビアは甘い考えを振り払おうとかぶりを振ると、簡単に了承の返事を返した。
 そういえば……アナスタシアは、大丈夫なのだろうか? ふと思い出して、ついでに彼女宛にもメールを書く。
(お疲れ様です、ファビアです。昨日はお疲れ様でした。調子はいかがですか? 本日より別任務に当たらなければいけないようなので、しばらくお会いできないかもしれません。それではまた連絡します……)
 とりあえずしたためて送信する。今回の一件が、彼女にとって悪影響を及ばさなければいいのだが……。
 ひと段落して時計を見ると、6時50分。まだ時間に余裕がある。この間に家事を済ませておけば、後は自分の時間を作る事ができる。洗濯物も少したまっていたはずだし、湯飲みの茶渋も取っておきたい。シャワールームも掃除しなければ。
 ……やる事はたくさんある。そう思って、ファビアは腰を上げた。

「グラールの未来を守るガーディアンズへようこそ」
 ガーディアンズ・コロニーのガーディアンズ本部。受付のミーナがいつも通りの挨拶で、約束の時間よりきっちり10分前に顔を見せたファビアに微笑んだ。
「おはようございます。任務の件で来ました」
「はい、ファビアさんに依頼したい任務があるんです」
 言ってミーナはディスプレイを叩く。
「……では、細かい事をお聞きしましょうか。任務の目的は何ですか?」
「ここ最近ニューデイズで起こっている、"カマイタチ"という現象はご存じですよね?」
「もちろんです。いきなり斬りつけられたような傷をつけられるという、あの現象ですね」
「そうです。かなりの被害が出ており、しかもグラール教団が絡んでいるようなので、調査が一向にはかどりません」
 ファビアは首を傾げて考える素振りを見せてから、思った事を素直に聞いてみる。
「教団が関係している、という情報の出所は?」
「事件は、そのほとんどが教団本部の建物から半径2キロ以内で起きています。そして、事件が起こり始めたのが二ヶ月前」
「……教団の自警団が大幅に増強された時期、という事ですか」
「そうです。グラール教信者でない人も多く入隊したようですから」
 確かに、噂は聞いている。二ヶ月前、SEED事件の事態を重く見たグラール教団は星空殿近辺の警護を強化するために人員を募集した。ガーディアンズからも多数の人間が派遣されたが、教団が求める人数には全然足りず民間からもかなりの人数が登用されたと聞いている。
 そのような状態だから、本部の判断は当然だと思えた。
「それで、先月から教団の偵察に一人のガーディアンが任務に当たっています。その者と合流し、協力して任務にあたってください。達成条件はカマイタチと教団の関係の確認、ならびに"カマイタチ"事件の解決です」
「了解、任務を受けましょう。で、潜入していた者は?」
「ガーディアンズ機動警護部所属、"オルハ・ゴーヴァ"です」
 ミーナは小型ディスプレイにその姿を映し出し、ファビアに見せる。"髪が短ければ少年に見える少女"という素直な第一印象を抱く。
「……ん? ゴーヴァ?」
 どこかで聞き覚えのあるファミリーネームだと思い、ファビアは自分の記憶を探る。そう多くない名前のはずだ……あれはどこで見たのだったか。ガーディアンズの任務……いや違う、指名手配犯……違う、有名人物……会社……。
 そうだ、会社だ。
「9年前に経営権を譲渡した、パルムの鉱山と何か関係が?」
 僅か1秒ほどで求める記憶に辿り着いたファビアに、ミーナが目を丸くして言う。
「えっ、なんで知ってるんですか……!」
「ええ、以前資料室で古い記事を見ていたのを思い出しました。パルムに鉱山ってあまり無いですから、それで覚えていたんでしょうね」
 言葉にならない感嘆の声を上げ、ミーナが驚く。何せ9年も前の記事だ、普通は目を通してもそうはっきりと覚えているものではない。ニューマンの知能が高い事は知っているが、これほどの記憶力を目の当たりにしては、驚くしかなかった。
「その、譲渡した経営者の娘さんです。彼女の識別データは端末に転送しておきますので、直接コンタクトを取ってください」
「分かりました」
 受信したデータに目を通しながら、ファビアは端末の画面を叩く。ついでに、ゴーヴァ鉱山についても後で少し調べておこう。
「……そういえば、アナスタシアは?」
 ふと疑問に思って、ファビアは聞いた。昨日の帰り道、アナスタシアは一言も喋らなかった。ここしばらく、アナスタシアの部隊に加わる事が日常になっていたので、彼女の事が心から心配だったのだ。
「アナスタシアは、今日からメンテナンスを理由に休暇届けが出ています」
「ああ……モトゥブのあの環境では……」
 ため息をつきながら答える。任務の終盤では明らかに疲れていたし、何よりあのショッキングな出来事だ。しばらくゆっくり休んだ方がいいだろう、と思った。
 また落ち着いたら、ゆっくり飲みにゆけばいい。ファビアはミーナに軽く手を振りながら、フライヤーベースへと歩き出した。

「さて……」
 ファビアは腰に右手を当て、川の流れを見つめていた。
 ニューデイズに降り立って、とりあえずガーディアンズ支部に向かいオルハの情報を聞いたが運悪く今朝出掛たばかりで、戻りの予定も不明だという。
 だが、午後から教団に派遣されているガーディアンたちと会えるよう約束を取り付ける事ができた。しかし教団に面が割れるのは論外だし、ガーディアンたちに任務の事を悟られてもまずい。確かに面倒ではあるが、少しでも情報を得たいのであえてリスクを犯す事を選んで、午後一番に会う事にしたのだ。
 時計を見ると、まだ11時を少し過ぎたばかりだ。約束の時間までは、まだ1時間近く時間がある。
 ……まあ、たまにはこういう時間もいいだろう。
 そう思って、ファビアは気ままに歩き出した。

 オウトクシティは活発だ。そもそもこの街は川沿いに発展しているわけだが、それにはさまざまな利点がある。上流で切り出した木材や物資を運搬しやすいとか、万が一戦場になった場合に地の利を得やすいとか、漁業や農業が盛んという所で、街が発展しない方がおかしいとさえ言えた。
 そんなわけで街の周辺は広い範囲で発展しており、繁華街が数多くあった。ファビアはその中のひとつである"シルバースウィート商店街"なる所に来ていた。わりといろいろな所で見かける名前だが、理由はよく分からない。
 商店街は下町で、貧困層の居住区に近いらしく上品では無かったが活気があった。通りの両側には木の質感を生かした店が立ち並び、市民たちが生活の品々を買い出しに来ている。人の往来も多く、店員たちの客引きの声が響く。
「新鮮な魚、今朝取れたての魚だよ〜!」
「さ〜、見てってね〜! 新鮮な野菜だよ〜!」
「今ならもう一個オマケするよ! さあ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい!」
 オウトクシティにもこんな場所があったのかと、今更ながら驚いた。ファビア自身は西の方で生まれ育ったので、オウトクシティはあまり馴染みが無い。
 ついでだし、少し早い昼食を取る事にした。露店を物色していると、西側の名産でもある水で溶いた粉に肉や野菜を混ぜて焼いた食べ物があったので、それを買ってベンチに腰を降ろした。
「まいどおーきにー!」
 地元で食べるものとは随分違ったが、それも風情だという事で辺りを見渡しながらかぶりつく。
「……?」
 ふと、ファビアは視線を後ろに向けた。ベンチの裏には、5メートル四方ほどの小さな公園があった。公園というほど立派なものではなく、ただの空き地に無理やり砂場をつけたような程度のものである。
 ファビアが視線を向けたのは、そこから聞こえてくる子供たちの声の内容だった。
「やーいやーい!」
「ここはニューマンの星だぞー! ビーストはモトゥブに帰れー!」
 見ると、ニューマンの子供たちが三人、ビーストの子供を取り囲み、罵声を浴びせていた。
「悔しかったらなのぶらすとしてみろよ!」
(……懐かしい光景ですねぇ)
 ゆっくりと息を吐いてからファビアは立ち上がり、子供たちへと近づいてゆく。
「こんにちは」
 その声に子供たちが一斉に振り向く。いじめっ子たちは「しまった」という顔だが、ガキ大将っぽく体格の良い一人はふんぞりかえったままだ。
 からかわれていたビーストが涙をためた瞳で振り向く。
 遠目には分からなかったが、女の子だった。身につけたワンピースは汚れていて世辞にも綺麗とは言えなかったが、肩口まであるつやを放つ赤褐色の髪が女性を主張している。
「種族が違っても、仲良くしましょうよ」
「な、なんだよおまえ!」
 子供の一人が噛みついた。ニューマンらしい細身の体に尖った口で反論する。
「関係ないだろ!」
「関係なくもないですよ。私も見ての通り体が弱いので、子供の時はよくいじめられたものです」
 少し照れたように頭をかきながら、ファビアは言った。
「だからなんなんだよ」
 ガキ大将が言った。大きな体に短く刈りあげた髪と、ニューマンらしくない。
「だから放っておけないんですよ。ニューマンだとか、ビーストだとかどうでもいいじゃないですか? みんな仲良くやりましょうよ」
「いけ、お前ら!」
 ガキ大将がファビアを指さして言い放った。
「え、ええっ? 相手は大人だよ」
「何ビビッってんだ。向こうは一人だぞ!」
「そ、そうだけど」
 ファビアは瞳を閉じて申し訳なさそうな顔で、頭を掻いた。
 ……あまり手荒な真似はしたくないんですが、脅かすぐらいなら。
「いけ! やれおまえら!」
 ガキ大将の号令で、二人が走り出してきた。
「うおー!」
「うりゃー!」
「氷を生み出す力を我に……」
 ナノトランサーから小さなウォンド――長さ1メートル未満の、片手で扱う杖――を取り出し、振りかざすとゆっくりと冷気を纏い始める。下から上へと振り上げると、氷のつぶてが、孤を描いて散らばってゆく。
「わっ」
 子供たちは慌ててダッシュにブレーキをかける。
「……ダム・バータ!」
 次の瞬間、つぶてたちが急速に肥大したかと思うと、巨大な氷塊を形作る。あっという間にまるで地面から突き出した壁のように、子供たちの前に立ちはだかった。
「……!」
「心配しなくても、ひどい目にあわせたりはしませんよ。でも、人を傷つけるという事は、自分も傷つくという事を覚悟しなければいけません。それは分かりますね?」
 ファビアは微笑んだ。子供たちは引きつった顔でガクガクと首を縦に揺らす。
「だからみんな、仲良くしましょうね?」
 固定していたフォトンが解放され、空気に溶けるようにして氷が消えてゆく。それはとても幻想的な光景だった。
「きょうは、これでかんべんしといてやる!」
 ガキ大将が、いきなり言って走り出した。というか、背を向けて逃げ出したと言うほうが正しい。
「ちょ、ちょっと! ボス!」
 残りの二人が慌てて追いかけてゆく。
 その微笑ましい光景を目を細めて見つめながら、ファビアは微笑んだ。
「さて……大丈夫ですか? 怪我は?」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe15 懐かしい光景と新しい道
 ファビアは振り返って、ビーストの子供を立たせてあげてから服の汚れを手で払ってやる。身長は130センチぐらい。10歳前後だろうか?
「どこも……いたくない」
 少女は憮然とした顔でしぼりだすように言った。
「それは良かった。大変な目にあったね」
「いつものことだもん」
「いつもの?」
「あいつら、かねもちのこなんだ。"びーすとはれっとうしゅぞくだ"っておやがいうんだって」
 本当は泣きたいだろうに、少女は瞳に涙をためながらもファビアの目をじっと見上げる。歯を食いしばり噛み締めるように言葉を綴ってゆく姿に、ファビアはとても気丈な子だと思った。
 しかし、こんなに小さいのに、劣等種族扱いとは……未だに、そんなくだらなくナンセンスな寓話を信じている愚か者がいるのか。
「きみ、名前は?」
「……ねい」
「ネイ……!?」
 なんと、この子はビーストなのに伝承に残るニューマンと同じ名を持つのか……!
「……ネイ、おとうさんとおかあさんは?」
「ぱぱもままもしんだ」
「そうだったんですか……余計な事を聞いてしまってすいません。いいですか、ネイ。あなたの周りには、たくさん味方がいるということを忘れないでください。あなたは一人じゃありませんよ」
 ネイは、まるで言葉の意味がよく分かっていないように少し首を傾げた。その瞳は遠くを見ているように見える。
「私、昔はいじめられっ子だったんです。体が弱かったんで」
「……そんなにすごいてくにっくをつかえるのに?」
「だから、頑張って覚えたんです。悔しかったから。とても大変でしたけど、頑張りました」
「どうして? つらいならやめればいいのに」
 ファビアは瞳を閉じてからゆっくりとかぶりを振って、微笑みながら続ける。
「辛くはなかったです。両親もガーディアンで、いろいろと支えてくれましたから」
「……」
 ネイは純粋な瞳でファビアを見続けている。
「……でも、ある日突然、いなくなってしまいました。たまの休暇にモトゥブの労働者解放運動に参加して……暴動に巻き込まれて……。その時から私は、一人でも頑張ろう、きっと頑張れるって決めたんです」
「……」
 ネイは静かにファビアを見守っていた。ファビアはふと気づく。
 頬を何かが伝う感触に。
「……?」
 そう、自分が泣いている事に。
「……あれ、すいません。なんだか湿っぽい話になっちゃいましたね」
 ハンカチを取り出して涙を拭う。昔の事を思い出して、ついつい感傷的になってしまった。しかもこんな年端のいかぬ少女の前で。冷静になると、全身を一気に羞恥心が駆け抜けてゆく。
 不意に、ファビアの頭に何かが乗った感触が伝わった。ネイが、その小さな手を乗せたのだ。
「いいこいいこ。ままがよくしてくれたの」
「……ありがとう。ネイも、いいこいいこ」
 微笑みながら、ファビアもネイの頭を撫で返す。
 その時、ずっと仏頂面だったネイが、ふっと笑った。
 心の底から気を許してくれた者にしか見せないであろう、屈託の無い笑顔。素直で純粋な精神を形にしたような笑顔だった。
 ファビアは安心した。この子なら大丈夫だと。まっすぐに強く生きるだろうと。
「ありがとう、ネイ。私はもう行きますけど、頑張ってくださいね」
「え……? どこいくの?」
「ごめんなさい、約束があるんですよ」
 ファビアの言葉が届いていないのか、ネイは口をぽかんと開けたまま、動かなかった。
 それからたっぷり5秒は空白があってから、思い出したように口を開く。
「……ねえ、おじちゃん。なまえは?」
「ファビア。ファビア・アルティウスです」
「ねえふぁびあ、わたしもいっしょにいっていい?」
「残念ながら、ガーディアンズの任務は危険なんです」
 ちょっと困ったような顔で眉をひそめながら、ファビアは言う。しかしネイは遠慮なく話し続ける。
「わたしがこどもだから?」
「大人でも危険な所なんです。連れていくわけにはいきません。……でも、ガーディアン研修生になる事はできます。それで十分な能力と経験を持つ事ができれば、ガーディアンズになれますよ」
 微笑みながら、ファビアは立ち上がる。
「いつかガーディアンになりたい時が来たなら、是非研修を受けてみてください。歓迎しますよ」
「うん。わたし、がーでぃあんになる!」
「待っていますよ」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe15 懐かしい光景と新しい道
 ファビアは微笑んで手を振りながら歩き出す。ネイは納得がいかないのか、両の拳を胸の前で握ったまま、じっとファビアを見ている。
「じゃあ、また会いましょう、ネイ」
 その反応を不思議には思ったが、気づけば時間があまりない。ファビアは踵を返して支部へと歩き出す。
 その後ろ姿を、ネイはただじっと見ていた。

<< universe14

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)