還らざる半世紀の終りに > universe14 これからも、よろしくね。
<< universe13

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe14 これからも、よろしくね。

「……暇ですわ」
  どうせ誰も答えてくれないと分かっていながら、アナスタシアは呟いた。
「ひーまーでーすーわー」
  あまりにも暇すぎて子供じみた声をあげてみるが、作業に一所懸命で誰もかまってはくれない。
  ここは惑星パルムにある、カズン・ドッグ。パルムはキャストの星だけあって整備施設がかなり充実しており、ここもガーディアンズ公認ドッグの一つであった。
  機械の体というのは、それほど便利なものではない。アナスタシアの体は、昨日のモトゥブの任務でかなりのダメージを受けてしまっていた。部品は砂を噛み、動力炉は地熱でやられ、派手な戦闘のせいでボディもあちこちガタがきている。そんなわけで緊急整備が必要と判断し、パルムに降り立った。
 そういったわけで今アナスタシアは、ワイヤーで首だけを宙に吊られて様々な配線をつないだまま、目の前でエンジニアたちがボディのメンテナンスをしているのを眺めている真っ最中だった。
「よう、アナスタシア。暇そうだな?」
「あ、カズじぃ。そうです、退屈してますわ」
  カズンはすでに高齢のキャストだった。肩幅の広いボディ、太い角張った腕で、全体的にずんぐりとした体躯をしている。白い髭は生えている、というより顔の下半分を覆っていると言った方がよいほどだった。PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe14 これからも、よろしくね。
  彼は腕の良いエンジニアで、同時にアナスタシアの産みの親でもある。そのせいか彼女もまるで実家に里帰りでもしているようにすっかり気を緩めており、ついついはしゃいでしまうのだった。
「しっかし、今回は派手にやったな」
「ええ。丸一日の探索と戦闘でした。モトゥブでの任務はしばらく御免ですわ」
「がっはっは! そら大変だったな。まあ、完璧に整備してやるから安心しな」
「期待しています。……ああ、あとアライメント調整がちょっと甘かったですわ」
「了解了解。お前さんの生体脳は繊細だからな」
  言ってカズンは道具を取り出し、頭部の整備に取り掛かる。手際良くパーツを外し、スロットを開いて覗き込んだ。
「……しかし、大人なったな」
「また。人を子供みたいに」
「何を言っておるんじゃ、お前はワシの大事な子供の一人だ」
  臆面もなく真面目な顔でカズンは言う。彼は、「"子供たち"を作るのに生涯をかけている」といつも口癖のように言う。そして「種族や性別を越えた繋がりを生み出したい」……と。ガーディアンズの公認ドッグは、決して給料が特別いいわけではない。それでも彼は、キャストの、そしてグラールの未来のために"子供たち"を作り続けていた。
「……そういえばカズじぃ、バーバラという人を知ってますか?」
「いや、知らんが。それがどうかしたのか?」
  もしかしたら何か知っているかもと思ったが、聞いてもしょうがなかった。カズンもいきなりの質問の意図が分からないらしく、目をぱちくりと広げて見つめている。
「いえ、別に……なんでもありませんわ」
「そうか。……ところで、パーツのサイズは? 今のまま、子供用のボディのままでいいのか?」
「構いません。わたくしはこれが気に入っているのですわ」
「そうか。しかしお前ももう大人だろ。今で15年だから、人間で言や、25歳ぐらいか」
  キャストは物理的に成長しないため、年を取ると年齢相当のボディへと取り換えて外見を成長させていく。それをアナスタシアはあえて止めていた。また、キャストは人間とは学習能力についての考え方が違うため、年齢の感覚も人間のそれとは違っている。
「これが気にいってるんですの。放っておいて欲しいですわ」
「そうか? ほら、やっぱり女はこう、ばいんばいんのぼいんぼいんでなくちゃいかんわい。がははは!」
(おやじですわ……)
  あえて声にせず思うだけにした。いつもの事で慣れているからである。
「……それで、整備に何か問題はありそうですの?」
「いや、別になさそうじゃ。日が沈むまでにゃ終わるじゃろ」
  話題が変わり、流れが変わった事と予定が明確になった事にアナスタシアは安心した。
「……じゃが、そろそろこいつは叩かんといかんかもな」
  渋い顔でカズンが言うのは、アナスタシアの下半身のパーツの事だった。「エラシエルシリーズ」と呼ばれるパーツで、伝承に語られるキャストのパーツをモデルに作られている。市販品の中ではよくあるものだったが、愛好家が多い品である。アナスタシアは製造されてからずっと、このパーツを愛用していた。
 もちろん、カズンが"叩く"と言っているのは、金属疲労が激しいので板金加工をする、という意味である。
「こんな過酷な任務があるのなら、もっと戦闘向けのパーツの導入も検討してはどうだ?」
「嫌です」
  ためらいなく、アナスタシアは言い放った。
「これはわたくしにとって大事なこだわりですの。違う種類のパーツに変えるのも嫌ですわ」
「分かった分かった。……ところで、たまにはうちにも顔を出してくれんかの。カミさんが会いたがっとる」
「そうですね、またお邪魔しますわ。それに……そろそろ、あの味が懐かしくなってきましたわ」
  アナスタシアは思い出す。カズンの妻であるレミィは、キャスト向けの菓子を作る有名なパティシエだった。手軽に摂取できて有益な栄養の菓子を作り、キャストの間で食事の楽しさを広めるのに貢献しているのである。
「あのお菓子は絶品でしたわ……」
  粉を練ってふっくら焼いた生地に、甘いクリームをふんだんに。もちろん皮はパリッとした歯ごたえに、とろけるクリームが口の中で絡み合う……。彼女の作る"シュク・リーム"は絶品だった。最初に食べてからしばらく、いろんな店をまわってみたがあれを越える味には出会えなかった……。
「……よだれ出とるぞ」
  完全に我を忘れて、悦に入っていた。
「はっ! わたくしとした事が。はしたない」
  カズンがやれやれといった感じで、首に掛けていたタオルでアナスタシアの口元を拭いてやる。されるがままに顔を拭かれながら、ふと気づく。視界の端に、見慣れた影が映った。
「あら、アンドリュー?」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe14 これからも、よろしくね。
  見えたのはシルバーのボディのキャストだった。がっしりとしたパーツで全身を包み、身長も高い。そんな彼は壁に向き合って、銃型の電動ドライバーの引き金を引き続けている。
「ああ、ガーディアンズの工作班の方が暇らしいんで、こっちを手伝ってもらっとる」
  しかし、彼の様子がおかしかった。かれこれ数分はあのままだ、そんな長いネジなどあるわけがない。それに、よく見れば、そもそも壁にはネジ穴など無かった。
「……また、"あれ"ですか?」
「最近、頻繁に発症するようになってな。どうにも原因が分からん」
  カズンが頭を掻いて言う。"あれ"とは、アンドリューが持つ"キャスト・ナルコプレシー病"の事だった。時々不意の強烈な眠気に襲われ、省電力モードに入るという奇病である。その原因は様々な研究がなされているが未だ解明しておらず、"ごくまれに起こる、電子頭脳と、その周辺機器の相性によるバグ"と定義されていた。何せ、一部の部品を交換しても同じ症状が発生してしまうのだ。製造メーカー側もお手上げ状態で、所有者が望めば部品の交換はいくらでもしてくれるが、それによって解決する事はまれだった。
「コラ、起きろ」
  言いながらカズンはアンドリューの頭を小突く。その衝撃にはっとなって顔を上げ、彼はきょろきょろと辺りを見回してから、呟いた。
「……あれ?」
「あれ、じゃねぇよ。壁に穴を開ける気か」
「いやいや、そんなつもりじゃ」
「ったくしょがねぇな」
「久しぶりですわね、アンドリュー」
  アナスタシアは手を振ろうとして、振れないのに気づいて苦笑する。
「お、アナスタシアじゃないか。元気にやってる?」
「ええ、お蔭様で。アンドリューは?」
「壁と向かい合う毎日だよ。壁は男のロマンだからね」
「……また始まった」
  カズンがため息をついて苦笑する。それを気にもしないで、アンドリューは語りだす。
「だって、壁はロマンだよ? だから俺は壁LOVEなんだ。たとえばこの壁」
  言いながらアンドリューは壁を拳で何度か叩く。
「一見、ただの鉄の壁に見えるだろ? 違うんだな、これが……ふむふむ。表面は厚さ2ミリの鉄板か。中に通ってる柱は鉄芯で直径3ミリ。……予算なかったの? カズじぃ」
「ほっとけ」
「それが460ミリ間隔で並んでるな……間はよくあるコンクリート。その層が800ミリ……どう?」
「ああ、正解だよ。まったく、叩いただけでよく分かるな」
「よし。……この通り、見ただけでは分からない部分があって、壁は成り立ってるんだ。その機能を果たすためにね」
「なるほど。面白いですわ」
  言ってアナスタシアは微笑んだ。多少着眼点は特殊だが、彼の真面目さや勉強熱心な所が伺われる。
「とりあえず、今は整備が先だろ。ほら行った行った」
  カズンが虫を払うように手をぱたぱたさせて、アンドリューを追い払う。その光景をアナスタシアは微笑みながら見ていた。
「……ところで、相談があるんじゃが」
「相談?」
「そうじゃ。……最近生まれた、ワシの子供の面倒をたまに見てくれんかの」
「ええ、わたくしの兄弟になりますもの、もちろんですわ」
  アナスタシアは笑顔で答えた。カズンが作った"子供たち"はすでに30体を越えている。幼い時から家族のように過ごしてきたし、彼女自身も兄や姉にあたる人たちから何度も助けられてきた。そんな自分が、下の子の面倒を見るのは当然の事だと素直に思った。
「その……あれだ」
 いやに歯切れ悪く、あたかも秘密をこっそり話すかのようなためらいを見せながら、カズンは続けた。あまりにも不自然なその態度に、アナスタシアは首を傾げる。
「実は……今回はちょっと事情が違うんじゃ。今まで、ワシは人工知能も全て設計して、たくさんの子供たちを作ってきたわけだ。……じゃが、ワシとレミィの間には子供をもうけてはおらんかった」
「……まさか」
  その言葉にアナスタシアは驚いたが、その"まさか"の意味に、嬉しさをあらわに言った。
「お二人の、子供!?」
「……そうじゃ。わしら二人の人工知能を元に、子供を作ったんじゃ」
  カズンは照れて、気まずそうに答える。言い終えるころにはカズンの顔は真っ赤になっていた。
「まあ……いろいろ相談しての。ワシらも年だし、動けるうちにって事でな……」
「おめでとうございます! うわぁ……すごい、お二人の愛の結晶ですね……!」
  アナスタシアは子供のようにはしゃいで言う。キャストには妊娠や出産の概念が無いからこそ、子供をもうけるという事は非常に尊いことであり、同時に素晴らしいことだった。
「で、どんな子供なんですか? 男? 女? 性格は? 名前は?」
「お、落ち着けアナスタシア。いま連れてきてやるから」
「えっ! 見たいです、今すぐ見たいですわ!」
「分かったから、落ち着け!」
  カズンが言いながら奥に消える。そしてすぐに、子供を抱いて戻ってきた。
「わぁ……!」
「名前は"アンヌ"。女の子だ。……おい、アナスタシアの上半身を繋げてやってくれ」
  カズンの声にエンジニアたちが応じる。あっという間にアナスタシアの腰から上が結合された。
「……二人でいろいろ考えて、外見は生体パーツを選んだ。……この子には、種族や性別を越えて人と平和を愛する子になって欲しいんじゃ……」
  カズンがゆっくりと、アナスタシアの両手にアンヌを預けた。生体パーツを多用しているため、外見はヒューマンに非常に近い。関節の継ぎ目が無ければ、キャストだと分からないかもしれない。
  アナスタシアはその軽さに驚きながらも、生命の重さをしっかり感じ取る。柔らかな肌、まだ薄い生えたばかりに見える銀の髪。そして、無邪気に微笑む笑顔はきょろきょろと辺りを見回している。
「……その想い、きっと伝わりますわ」
  アナスタシアは優しく微笑んで、アンヌの髪を撫でた。くすぐったいらしく、アンヌはきゃっきゃと笑う。
  そして、その暖かい気持ちはすぐにそれは決意に変わる。大切なものを、護れるように。
 大事な人を護れるようになりたい……。
「……カズじぃ、わたくしで良ければいつでも声をかけてください」
「ありがとう。助かるわい」
「あにゃ……たーしゃ」
  アンヌが笑いながら言った。二人は驚いてアンヌを見る。まさか……今、なんと言った?
「まさか」
 カズンが呟いて、驚いた顔を上げてアナスタシアを見つめる。アナスタシアもまた、驚いた顔でそれを見つめ返した。
「わたくしの……名前、覚えてくれたみたいですわ」
「あにゃたーしゃ! きゃっきゃっ」
「おお……アンヌ……」
  無邪気に笑うアンネを見ながら、カズンがくしゃくしゃになった顔で泣きそうになって呟いた。その顔はいつもの職人としての顔ではない。たった一人の父親であり、たった一人の平和を願う者の顔だった。
「……はじめまして、アンヌ。これからも、よろしくね……」
  そう、強くならなければ。誰かを護れるように……。
  微笑みながら、その腕の中の温もりをアナスタシアはそっと抱きしめた。

<< universe13

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)