還らざる半世紀の終りに > universe13 会わなければ、忘れられたのに。
<< universe12

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe13 会わなければ、忘れられたのに。

「C4……!?」
「ご機嫌麗しゅう、オルハ様。大きくなられましたね」
 言って彼は右手を大きく振り上げてから、前で抱えるような仕草をして大きくお辞儀をした。外見は昔と変わっており胸と肩の鉱山のトレードマークも無いが、ボディパーツやその顔には見覚えがある。何よりも隈取をしているキャストなどそういない。オルハにはそれが誰であるか、すぐに判断できた。
「まさか……こんな所で会うとはね」
「オルハ様、世の中に"偶然"はありません。全て"必然"なのです」
 二人のやりとりを、ランディはきょとんと見ていた。遅れてやって来たヴァルキリーも、話が見えていない。
「知り合いか?」
「あー、知り合いとゆーか死んだパパと面識があって、子供の時から知ってる人」
「ふーん?」
 オルハの説明は正直よく分からなかったが、詳しく聞いてもどうせ分からないので、ランディは考えるのをやめた。
「しかしオルハ様、付き合いは選びませんと」
「?」
「ビーストなどという劣等種族と付き合いを持つなど」
 ランディが弾けるように反応して、睨んだ。そのまま一歩踏み出す。
「なんだぁ? てめェ……」
「ほら、このように野蛮で愚かな種族です。対等な関係など築けるはずがありましょうか。いえ、ありません」
「ははぁ……俺の姿を見るなり狙撃してきやがったのは、そういうわけか?」
「……失礼。もう少し離れて頂けますか? 苦手なんです、この獣臭」
「てめぇ!」
「待って!」
 ランディが怒りをあらわに、右手を突き出して飛び出そうとする。意外にも、それを制したのはオルハだった。C4に向き合ったまま、左手でランディを制止つつ、前に出る。
「少しだけ、ボクに話をさせて」
「……分かった。その代わり、終わったら俺にやらせろよ」
 ランディはしぶしぶ答えて踏みとどまる。こめかみの血管がぴくぴくと動いていた。
「……相変わらずだね、C4」
「オルハ様こそ。素直で可愛らしい所は昔のままです」
「ありがと。……で、C4はなんでここに? 今は教団に所属してるの?」
「いいえ。私は今、小さな組織に所属しております。オルハ様がここに来られると聞きましたので、お待ちしていたのですよ」
 ……待ち構えられていた?
「一体どっからその話を聞いたの?」
「その質問には答えられません」
「……」
 オルハは何も答えなかった。少し俯いたままで。
 まあ、情報の出所は限られている。どうやらイオリたちと何らかの関係がある事ぐらいは、すぐに想像がつく。
 しかし、今はその事よりも感情的な複雑さに迷っていた。彼は、自分の幼少時代を知っているし、過去に交友のあった相手だ。どう対応したらいいものか分からない。
 しかし、少なくともこちらの味方とも思えない以上、余計な事を話すわけにもいかない。すっかり手詰まりになってしまった。
「……すまねぇな、そろそろいいか?」
 無言の長い時間に苛立ったのか、ランディがオルハの肩に手を置いて、言った。
「……うん」
 俯いたまま、オルハは静かに答えた。これ以上の問答に、何か意味があるとも思えなかったから。
「1on1でいいだろ?」
「お好きなように……面倒ですが、お相手をして差し上げましょう」
 嘲笑うような、見下ろした視線でC4は答えた。
「オルハ、ヴァルは手を出すな……よっと!」
 言いながら、ランディは斧を振り上げる。
「おやおや。これは殴られたら痛そうだ」
 茶化しながら、C4も左手に鋼拳を、右手に片手剣を持った。
 目を引くのは、その片手剣の剣身だ。通常、片手剣というものは"斬る"ことを目的として作られるため、身幅が広い。それは強度を増し、インパクトの際にブレるのを防ぐためでもある。だが、彼の剣は異常に細く、剣身の断面図が正円になっているようだ。
 つまり、刺突を目的としているということである。護拳も大きく、相手の攻撃を受け流す用途を兼ねている。握りも人差し指と中指に挟みこみ、腕の延長上に剣身がある。
 ……フェンシング・スタイル。相手の攻撃を受け流してその隙に的確な突きを放つスタイルだ。左手の鋼拳も攻撃より盾代わりに使うに違いない。重さで威力を叩き出すランディとは正反対であり、相性の悪い相手でもあった。
 面倒な相手だとランディは舌打ちした。だが、ぐだぐだ考えている場合じゃない。
「うら!」
 この斧で渾身の一撃を叩き込んでやるだけだ。ランディは力強く振り上げた斧を、C4の頭めがけて振り降ろした。
「野蛮な」
 C4は呟いて、体を右に半身ずらす。掌を向ける形で剣を持ち上げ、剣身の真ん中ほどで斧と接触させる。そのままゆっくりと手首を返して内側に剣身を向け、角度を殺して斧の刃先を滑らせてゆく。
 フォトンの火花が飛び散った直後、鈍い音と共に激しい土煙をあげて二人の姿を隠してゆく。
「やったぁ!」
 ヴァルキリーが喜びの声をあげた。二人の姿はまきあげた土煙で見えないが、あの勢いなら間違い無くC4はまっぷたつになったと思ったのだ。
「……まだだよ」
 冷静にオルハが呟く。
「え? 今ので倒せたんじゃないの?」
「ランディにとって、もっともやりにくい相手だよ、C4は」
「???」
 困惑するヴァルキリーをそのままに、オルハは唇を噛んだ。相手が悪い事ぐらい、オルハにも分かっていた。戦い方を教えてくれたのは、他でもない、今ランディと戦っている相手なのだ。
 やがて土煙が晴れてくる。そこには、斧を地面に振り降ろしたままのランディの肩を、C4の剣が切り裂いていた。
「!」
 ヴァルキリーが声にならない声をあげた。
「当たらなければ何のこともありません」
「ち……いなしの達人だな、あんた」
「それはどう……げふっ」
 答えようとした直後、C4が半歩ほど吹っ飛ぶ。ランディの足が、みぞおちめがけて蹴りこまれたからだ。
「こういうの、卑怯とか言わねェよな?」
 突き出した足をぶらつかせながら、ランディはにやにや笑っている。
「野蛮な」
「なんとでも言え」
 今の蹴りで少し距離が離れた。ランディはおもむろに体をひねり、左へ大きく薙ぎ払う。C4も咄嗟に反応して飛びのく。斧が大きく空を斬った。
 直後、C4が前へと踏み込む。これだけの大きな得物を振り回しているのだ、直後の隙はかなり大きいと踏んでのことだ。
「来たな」
 ランディがほくそ笑んだ。左に振った斧を止めずに、そのままの勢いで一回転し、そのまま二発目を放つ。
「!」
「うりゃあ!」
 速い! C4は慌てて足を止める。目の前を斧がかすめてゆき、ごうっという音と風圧が目の前を襲う。
 ……完全に、こちらの真意を読まれている。C4は小さく舌打ちして、体制を整える。近距離での戦いを前提とした装備なのだから、近づかないと始まらないのを逆手に取られた。
 だから、今度は踏みこまなかった。ランディが体制を立て直すのをあえて待つ。
「さ、これで五分五分だ……次はどう遊ぶかい?」
 不敵ににやりと笑って、ランディは言う。C4は何も言わなかった。
「普通あれだけ重い得物だとイニシアチブを取られちゃうもんなんだけど、きっちり空間を掌握して対等まで持っていってるなあ。ボクも見習わなきゃ」
 オルハが呟くように言う。それは戦況より、自分の向上心から出た言葉だった。
「くっ……劣等種族ごときが」
「ガキん時に習わなかったか?」
 言ってランディは斧を左から振り降ろす。C4はそれを刃で横にそらしてかわす。斧が降りたのを確認してから踏み込もうとするが、そうは問屋が卸さない。返す刃で左へと凪ぐ。
「人をバカって言う奴がバカなんだぜ」
「いいぞー! ランディ!」
 ヴァルキリーが黄色い声で叫んだ。先ほどまでの緊張感はどこへやら、余裕なものである。
「ねぇオルハ、なんで二人とも近づこうとしないの?」
「あのね、C4は近距離用の武器だから、本当は近づきたいの。でも、ランディは近づかせたくないの。斧は重量と遠心力で破壊力を持つもんでしょ?」
「ああー」
「だから、ランディは攻撃の中にフェイクを混ぜて、自分の有利な距離をコントロールしてるわけ」
「なるほど。じゃあ見てて安心だね。ランディ、ガンバレー!」
「きゃーきゃー!」
 あまりにも緊張感の無い声援だが、戦っている二人には関係無い。C4が中間距離から、牽制の突きを放つ。ランディはとっさに半歩下がる。そのまま何度も突きが放たれ、それをランディが下がって避ける。それを何度も繰り返した。PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe13 会わなければ、忘れられたのに。
 しなる剣先が、少しずつ空間を切り取っているかのようだ。じわじわと、しかし強引に、ランディのスペースは削られていく。それに従って、連打の量も少しずつ増えてゆく。
(……この距離じゃ手を出しにくいし、一気に離脱するのはリスクが高すぎる。ここは押されているフリをしておいた方がいいだろう……問題は、"どこに合わせるか"だ)
 降り注ぐ連打を斧の刃と柄先で弾きながら、ランディは好機を待っていた。
「あれ? 押されてるよ、ランディ」
 ヴァルキリーが不思議そうに呟く。
 C4の剣先が、徐々にランディの服をかすめだしていた。
「……!?」
 ランディは気づいた。肌をかすめた所がぴりぴりと痛む。よくよく見ると、C4の剣身が黄色に光り出していた。なるほど、剣身のフォトンに雷の属性を持たせ、動きを封じに来たか。感電させられるのは避けたいところだ。
「ははは、どうした劣等種族め」
「……」
 ランディはあえて黙っていた。剣の合間を縫って、右からのミドルキックを放つ。C4もすぐに気づいて左手のナックルの甲で払う。右足を引くついでに、左半身を前へと入れ替え、斧の柄頭を突き出す。C4は片手剣の護拳をかすめさせ、外側へと逸らした。
「ねぇ、オルハ、ランディ押されてるよ? あれはどういう戦術なの?」
「えっと……やられてるフリ?」
「おお……高度すぎる」
 ……まったく呑気なもんだ、とランディは思った。
 まあ、間違っちゃいねぇか。後はどこでひっくり返すか、だな……。
「ははは、どうした劣等種族!」
「うるせぇ、だまってろ!」
 ランディは斧を下から上へと振る。予備動作の無い一撃を、C4は剣でいなす。ちょうど、ランディの重心が左に持っていかれた形になる。C4は好機と踏んで、一歩前に踏み出した。ここからが剣の距離だ!
 ……次の瞬間、がしゃっ、と鈍い音が響いた。機械製品をカーペットの上に叩き落としたような、そんな音だった。
「……っ、が……???」
 C4は、一瞬何が起きたか分からなかった。ただ、視界が真っ暗になって、何も見えなくなっていた。
 状況を理解しようと試みる。眼球の位置にあるメインカメラがやられた、すぐにサブカメラに切り替える。問題ない、たかがメインカメラをやられただけだ。
 ランディの右肩が、顔面にめり込んでいた。斧の勢いで体が左へと回転し、その遠心力を利用した体当たりを放たれたのだった。
 まさか、もしかして……。C4は、ひやりとしたものが背筋を撫でていくような感覚に襲われる。
「生憎、接近戦は大得意とするところでね」
「……ふふ、ははは。誘いこまれたというわけか」
「そういう事だ」
 ランディが、一歩後ろに引いた。
「あばよ」
 斧を振りかぶり、一気に振り降ろす。ゴキン、という激しい金属音が響いた。斧の大きな刃がC4の左肩に激しく突き刺さる。衝撃で体がガクンと折れた。細い足が耐え切れなかったのか、右足首からネジが弾け飛び折れた。そのままバランスを崩し、もんどりうって転倒する。
 すぐに立ち上がろうと体をひねるが、体を起こそうとした左腕が火花を上げて肩からもげる。起こそうとした勢いのままで、再度地面に転がった。
 次の瞬間、背中に激しい衝撃が伝わり、地面へ叩きつけられる。まるで車に轢かれた蛙のように、無様に地面に突っ伏した。
「く……!」
「悪いが、こうなればこっちのもんだ」
 ランディはためらいもなく、さらに斧を振り下ろす。それからもまるで畑を耕すがごとく、振り上げては振り降ろした。その速度は斧を扱っているとは思えない速さで、激しい土煙がまき起こる。
(……甘く見すぎたか)
 C4は何度も繰り返される衝撃を感じながら、薄れゆく意識の中で後悔した。
 ……全ては劣等種族の計算通りだったというのか……!
(……トランスミッション……OK。トランザクション……コミット……OK)
 腕がもげて、足が飛んだ。最初から痛覚は無いが、自分の体がバラバラになるのをここまで冷静に見れる状況など、そうない。ふと、絶望しながらも心が踊っている事に気付く。思えばしばらく、敗北の経験が無かった。しかも負けた相手はビーストで、何のためらいもなくぶっ壊しにかかっている。スクラップ屋でもここまではやるまい。
「くくく……劣等種族め、次が楽しみだ」
「ねぇよ」
 ランディが振りかぶった斧を一瞬止めて、見下した視線で吐き捨てるように言った。
 そしてそのまま、顔面めがけて最後の一撃を叩き込んだ。

「ほら、やっぱりやられたフリだったんだ。ボクの思った通りだ」
 得意げに言うオルハに、ランディはため息で返す。
「フリ……というか、自分の得意距離に引き込むのが定石だろ、ようは駆け引きだ。斧を使ってると中間距離が得意だと勝手に勘違いしてくれる。そして向こうに近距離に入れば勝てると思わせとけば、勝手に得意距離に入ってきてくれるって事さ」
「う〜む、なるほど〜」
 ヴァルキリーは腕を組んで頷いている。本当に分かっているかは怪しい所ではある。
「……ところでオルハ。容赦なくぶっ潰しちまったが、本当に良かったのか?」
「え? ああ、うん……」
 オルハが挙動不審気味に、おずおずと答えた。
「……正直、よくわかんないんだよね。戦い方を教わった人でもあるけど、別に特別親しかったわけじゃないし、子供の私にビースト劣等論を展開するような人だし。ただ、物心ついた時から近くにいたから……いるのが普通だったんだよね、昔は」
 ふと、オルハは目を細めて遠くを見た。
「ボクは悲しむべきなのかな? それとも、喜ぶべき?」
「いいんじゃねぇか? 自分に素直になれば。よく分からないなら、"よく分からない"と言えば」
「……かな」
 納得がいっているのかいっていないのか、視線を泳がせながらの曖昧な答えが帰ってくる。それを見て、ランディは困ったような顔で苦笑した。
 ……正直、オルハの感情は理解できなかった。彼は物心ついた時から両親はおらず、モトゥブの下層にある廃棄物の投棄場所――通称"ゴミ捨て場"――で、ストリートチルドレンとしてずっと生きてきたからだ。仲間意識はかなり強いのだが、絶対的な繋がりを持つ「家族」という概念には非常に乏しい。
「いいじゃねぇか、そう悩める相手がいるってのは幸せな事だぜ」
 だからとりあえず考えるのをやめて、その大きな手をそっとオルハの頭に乗せた。分からないものは仕様がない、だからいつも通りに慰めようと。
「……ランディ」
「ん?」
「ボクを子供扱いしたな」
 オルハがゆらーりと振り向いて、怪しい光を放つ視線を向ける。
「! ち、ちがっ……これは無意識にだな、慰めようと思っ……ぎゃああぁぁぁぁ!」
 ランディの虚しい叫びが、森にこだました。

<< universe12

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)