還らざる半世紀の終りに > universe12 全ては回り続けている
<< universe11

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe12 全ては回り続けている

「これでもう、20体ぐらいは見てる気がしますわ」
 足元に崩れる人型だったものを見下ろして、アナスタシアは呟いた。
「完全に敵の管轄下ですね、これは」
「敵は質より量で疲弊させるのが目的でしょう。踊らされないように気をつけなくてはなりませんわ」
 確かに、今戦ったロボットは小型だがいやに長期戦を強いられた。倒しても倒しても立ち上がり、ぼろぼろになっても動くのをやめなかったのである。結局それは自律型ロボットではなく、制御装置によって操られているものだと気付くまで無駄に体力を使わされてしまった。
 他にも集団で飛ぶ小型飛行メカなど、強くはないが面倒な機械ばかりだった。一番最初に出てきたランチャーおばけ以外は苦戦を強いられることはなかったが、少しずつだが確実に疲れさせられている。
 そして結局、踊らされているのではという懸念が二人をさらに疲弊させる要因だった。
「かなり奥まで来ましたね……これで10部屋目でしょうか。奥へと進んではいるようですが、どこへ向かっているのでしょう……?」
 疲労を紛らわせるかのように、ファビアが呟いた。
「それは、わたくしが聞きたいですわ」
 アナスタシアは両手を広げて、お手上げを表現した。実際の所、二人ともこんな面倒な任務だとはまったく思っていなかったのである。せいぜい、少人数のローグスがやんちゃしているのをこらしめる程度だと考えていたのだ。
 意気消沈しながら目前のドアを開くと、円形の光の筒が立っていた。
「……古いタイプの転送装置ね」
「行くしかないでしょうね」
 ため息をつきながら、光の中へと踏み込む。
「ここは……?」
 降り立った場所が、今までとあまりに雰囲気が違うのに戸惑った。壁は素材そのままの金属壁で、明かりは小さなスポットライトがいくつか天井についているだけだ。通路の脇には小さなコンテナから2メートルを超える大きな物まで、いくつも積まれている。となれば、結論は出やすい。
「倉庫か機関室といった所でしょう。無関係の第三者が入る可能性を考慮していない作りですわ」
「それっぽいですね」
「そして、コンテナは明らかに最近のものとくれば、ゴールは近そうですわね」
「もう期待するのはやめましょう。むしろ、覚悟をしておいた方が気楽ですよ」
 ファビアが苦笑しながら言うのに答えて、アナスタシアも苦笑した。
「……?」
 何気なく、アナスタシアがコンテナの山に興味を示した。コンテナの一角に、非常に大きなものが混じっていたからだ。長さ2メートル以上はあり、上側はガラス張りになっており中が見える。それがいくつか並んでいた。何を運ぶのかは分からないが、きっとコンテナと同じような用途のものなのだろう。
「……にしても、狭いですね」
 歩き出してすぐ、ファビアが言った。確かに、ただでさえ幅1.5メートル程度と狭いのに、その脇にコンテナが並んでいる箇所が多く、狭いことこの上ない。
「面倒な事にならなければいいのですけど」
「ですね……」
 二人はあらゆる嫌な事を想像して、少し落ち込む。前後からの挟み撃ち、一斉掃射、トラップ、SUVウェポンが呼び出せない……など、不快な想像はとめどなく溢れてくる。
「しかしこんな大量のコンテナ、何をそんなに運ぶ必要があるんでしょうね」
 気を紛らわすためか、ふとファビアが呟いた。
「言われてみれば。ローグス風情が、そんなに運ぶ物もないでしょうに……」
 言いながら彼女は、目の前にあった箱を覗き込んでみた。
「……ひ……ッ!!」
 思わず一歩下がって、声にならない声を絞り出す。
 中から、剥き出しの眼球が睨んでいた。そこにあるのは動物の身体器官の標本のようだった。小動物の脳や大型獣の内蔵などのパーツが、透明の容器の中で溶液に漬かっている。
「う……っ。これはこれは」
「びっくりしましたわ……」
「何かの実験にでも使うんですかね」
 言ってファビアも顔をそむけた。あまり気分の良いものではない。
 それからしばらく歩くと、今度は開けた場所に出た。幅の広い通路の両側に、小さな正方形のくぼみのような小部屋が並んでいる。天井と床には壁があるべき位置にあわせて、直径3センチほどの円形の穴が一列に並んでいた。
「……何かしら、この臭い」
「ひどい臭いだ……ああ、なるほど。ここは牢屋ですね」
 ファビアが上と下を交互に見ながら言った。
「この穴、レーザーフェンスですよ。今はオフになっていますが」
 近くの部屋に入り、見渡してみる。床には汚れてぼろぼろなカーペット。部屋の隅には薄いシーツをひいただけの簡素なベッドがある。床の角には便器代わりの小さな穴があり、これが異臭の原因だった。
「……臭いがするという事は」
「最近まで使われていたということ?」
 アナスタシアが不快感をあらわにして続けた。放棄されて長いのなら、悪臭を放つわけがない。
「しかも、ベッドということは……」
  人の顔がこわばる。ベッドを使う生き物など、限られている。
「人間用ですわ。……本当にただのローグス? 20部屋以上もあるような牢屋なんて、ローグスに必要かしら?」
「まったくです。なんにせよ、ますます面倒な事になってきたという気がしますね」
 言ってファビアは、通路の奥を促した。人影だ。
「あっ、きましたよ! バーバラさまぁ!」
 嫌に陽気な声が聞こえた。しかもわざわざ、こちらに気づいた、とご丁寧に宣言してくれる。
「うむ。思ったより優秀だねぇ」
 今度は野太く、しゃがれた声。
 足音が近づいて来る。やがて、声の主は姿を表した。PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe12 全ては回り続けている
 一人は身長160センチ程度の細身で小柄な若い男。ほどほどに伸びた柔らかそうな金髪に、黒い上着が映える。胸には”MADDY DOG"という文字が赤く書かれていた。
 もう一人はずんぐりとした姿のニューマン女性で、まるで神話に出てくるドワーフのように見えた。長い髪でかろうじて女性だと気づくような風貌で、白いモトゥブ製の衣服に身を包んでいた。
「隠し扉を開けてからここまで、1時間15分と38秒。なかなかいいタイムだね」
 ニューマン女が腕時計を見ながら口を開いた。
「そうですね、バーバラさまぁ! 彼らはとても優秀ですぅ!」
 青年がきゃっきゃと跳ねながら言う。
「ジャッキー、戦闘記録はどうなっている?」
「はい、撃破数24です。素晴らしいですが、最後の所で少し気づくのが遅かったですね!」
 彼らの意味不明のやりとりを、二人はぽかーんと見ていた。あまりに場違いすぎる。
「あなたたち……一体何を」
 ファビアが呟いた。質問したというより、ぼやいたと言う方が正しい。
「何って。試してたんだよ、あんたたちをね」
 バーバラが答える。
「しかし、まさかここまでとは思わなかった! 見ながら何度も手が震えたよ、その能力の高さに! ふはははは!」
 彼女は明らかに興奮した様子で高らかに語る。
「ふは……ふははは……はふぅふぅ、はぁぁああ」
 不意に笑い声のリズムが狂う。両手で鼻を左右から押し潰し、血走った目でゆっくりと呼吸する。興奮による過呼吸だろうか?
 ……なんだ、こいつらは。
 ファビアとアナスタシアの、素直な感想だった。あまりにも場違いだ。言ってる事も意味が分からないし、会話が成り立つような気さえしない。面倒なので喋らせておこうと素直に思った。
「大変よくできましたぁ! ご褒美はないけど、これからも頑張ってね、ガーディアンさん!」
 ジャッキーが手をぶんぶん振りながら笑顔で言う。
「じゃ、また!」
「ちょっと待ってください。さっぱり話が見えませんわ。なぜわたくしたちを試すような事を? ここはローグスの拠点のひとつでは? 中に入ったキャストとビーストはどこに?」
 まとめるのも面倒なので、アナスタシアは浮かんだ疑問を全てぶつけた。最初からまともな答えなど期待してもいないので、言いたい放題言ったほうがまだ気が楽だと思えた。
「なに、興味があったから試したのだよ」
 意外にも、バーバラが口を開いた。
「ローグスの拠点……には違いないね、あんたたちから見れば。で、キャストとビーストの行方ね、教えられるわけないじゃない……っと。これで謎は全て解けたかね」
「……いいえ、まったく」
「だろうね。知る必要もない」
 ファビアはまずい、と思った。ただでさえイラついている状況でこのやりとりは。ちらりとアナスタシアの方を見ると、案の定目が据わり始めている……。
「ガーディアンを甘く見るとどうなるか……教えて差し上げますわっ!」
 アナスタシアが、キレた。両手にマシンガンを構え、即座に引き金を引く。激しい勢いで弾が吐き出され、二人に銃弾が降り注ぐ。バーバラは動く気配を見せない。代わりにジャッキーが咄嗟に飛び出し、両手を広げて盾になる。
 ファビアも杖を構えるが、あえて行動しなかった。アナスタシアが冷静さを欠いているこの状況で、無闇に動くのは得策ではないと判断して。
「……?」
 ファビアは不審に思う。マシンガンの弾が降り注ぐ中にいるにも関わらず、二人には動揺している気配がない。いくら覚悟を決めたのだとしても、銃弾の前に飛び出すのにはそれなりの心理的動揺が見られるはず。彼にはそれが見えない。弾は確実に命中しているのだが、そのような素振りすら見せていないのだ。
「……まさか」
 異変に、気付いた。
 フォトンの弾が、ジャッキーの体に当たった瞬間、消えていた。拡散している、と言った方が正しいかもしれない。フォトンが瞬間的に霧散している。
「まさか、そんな……マシンガンの弾が!?」
 ファビアが叫ぶ。気付いたアナスタシアは、すぐにマシンガンを放り捨て、両手にダガーを持って駆け出す。
「いやああぁぁぁっ!!」
 右手でまずは斬り降ろす。ジャッキーの脇をすり抜け、バーバラを狙おうと試みる。
「だめですよぉ!」
 ジャッキーが言いながら動いた。気にせずダガーを振り下ろす。
「……!」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe12 全ては回り続けている
 彼の左手が、ダガーを受け止めていた。しかもその腕は人間のものではなくなっていた。手首から指先まで30センチ以上の長さがあり、指先には鋭い爪。濃く長い、赤色の体毛が覆っている。それはまさしく、ビーストフォームをとったビーストの手だった。
 そして、フォトンによって作られた刃が、彼の手に触れた部分だけ拡散していた。
「な……っ!」
「バーバラさまに手を出すのはいけない事です! 反省してくださーい!」
 言うが早いか、彼の右手が振りかぶられた。わずかにアナスタシアの反応が遅れる。
「危ない!」
 咄嗟にファビアが炎を飛ばす。気づいたジャッキーが右手の方向を変え、炎の弾に手を突き出す。その炎もまた、受け止められたと思った瞬間、消えた。
「なっ……!?」
「ちょっと! 邪魔はいけませぇんっ!」
「もういいよ、ジャッキー」
 バーバラが一歩あゆみ出て、ジャッキーの肩を叩いて言う。
「え? バーバラさまどうして?」
「目的は達成したよ。撤収だ」
「あ、そっかー、うん! 僕もそう思う! 帰ろうバーバラさま!」
 アナスタシアは動けなかった。攻撃が効かなかったのもあるが、場を掌握されており勝てる気がまったくしない。
「まぁ、あんたらガーディアンズとはこれからいくらでも相まみえるだろうからね。また会おう、アナスタシア」
 バーバラとジャッキーは二人のわきを抜けて、歩き出す。平気で背を向け、まるでアナスタシアたちがいないかのように歩いてゆく。
 ファビアはアナスタシアとバーバラたちを交互に見てから、もう一度アナスタシアに視線を向けた。一見冷静だが、いやに青白い顔色で額に汗の玉を浮かべている。僅かに噛んだ下唇から、悔しさと焦りがにじみ出ていた。
 やがて彼女たちの姿が見えなくなってから、ファビアはゆっくり息を吐いて、立ち尽くすアナスタシアに声をかけた。
「……大丈夫ですか?」
「……勝てる気がしませんでしたわ」
 彼女は後悔していた。武器を無効にされてそれに対処する術を持たなかったこと、予想外の出来事で雰囲気に飲まれて一歩も動けなかったこと。
 何より、一番ショックだったのは、全てが向こうの思う通りだったという事。長い探索で疲弊させられ、その状況を全て把握されていた。掌で踊らされていたのだ。
 ガーディアンズの一員となって早5年。どんな任務もそつなくこなしてきた。その実績が早々と認められ、2年目からはすぐに指揮官に抜擢された。そのまま、この状態が続くのだとずっと思っていた。
 なのに……。
「……完敗ですわ」
「むしろ、去ってくれたのは良かったのかもしれません。今のままでは勝ち目が無かった。フォトンを無効化されては……まさか、フォトンを練り込んだテクニックまで無効化するとは……」
「ええ、今後のいい課題になりましたわ。戻って報告しましょう。まとめる事は数えきれないほどあります」
 頭の中で、バーバラの最後のセリフがぐるぐるとまわる。『これからいくらでも相まみえるだろうからね』とはどういう意味だ? これからガーディアンズをターゲットに何か仕掛けるつもりなのだろうか?
 ……そうだ。
 ……それより。
「……とにかく早く戻って休みましょう」
 ファビアは一歩踏み出しながら、アナスタシアが歩き出していないのに気づいて振り向いた。
「……? どうしたんです?」
 不思議に思ってファビアが振り向く。彼女は小さな右手で彼の服の裾を掴み、その手は小刻みに震えていた。
「ファビア、そういえば」
 アナスタシアは、思わずファビアに体重を預け、力なく寄りかかってしまっていた。
「さっき、わたくしの名前……一度も呼んでいませんわよね」
「……と思います」
 ……そうだ。
 最後にバーバラはなんと言った?

『また会おう、アナスタシア』

 ファビアも意味が分かったようだ。ハッとなって口をぱくつかせる。
「なぜ、あのバーバラという女は……」
「……!」
 先が読める時は、言葉の続きを聞きたくない時もある。
 ファビアは思ったが、同時に止める術も持たなかった。
 アナスタシアが、ゆっくりと口を開いて、こぼれるように言葉を発した。
「……なぜ……わたくしの名前を知っていたのでしょう?」

<< universe11

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)