還らざる半世紀の終りに > universe02 握られた、こころ
<< universe01

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe02 握られた、こころ

 地下の通路の真ん中で、少女はただ、体を縮こまらせて震えていた。
 身長1メートルもない、まだ5〜6歳だろうか。長い髪を後頭部で二本の三つ編みに分け、グレイのワンピースを身につけていた。
 少女は今直ぐにでもこの場から走り去りたかったが、四肢に力がまったく入らない。立ち上がろうとしても足が石になったようにぴくりとも動かない。
 恐怖が辺りを見回させたがる。少女はただ、周りを見回してから自分の足を見つめるという行為を、ただ繰り返していた。
 通路の奥には頑丈そうな金属製の扉。中からは時折、何か重いものをずり動かす音が聞こえ、やがて遠ざかってゆく。
 入口には赤い板に白文字で目立つように「これより先鉱山につき立ち入り禁止。坑道内有毒ガス発生の恐れ有、危険」と書かれており、その傍らには一脚の丸い木の椅子が倒れていた。
「オルハ」
 静かに太い男の声が、響いた。普通の状況なら、優しくも厳しい父の声に彼女は喜んだに違いない。
 だが、振り返る彼女の顔は、まるで肉食動物の視線に気付いたウサギのように凍り付いていた。
「まったくお前は、ほんとにおてんばだな」
 愛情の呆れ声と共に、大きな両手がオルハに伸びる。小さな彼女は、簡単に抱き上げられて父の肩に乗せられた。
「どうした? ……ああ、そうだよな。暗くて怖い所だから、迷っちゃうよな」
 父はオルハの異変をそう解釈し、続ける。
「でも、とても広くて大きいだろう? 全部パパの鉱山なんだぞ。ここで取った金属が、いろんな所で使われてるんだ」
 オルハは答えなかった。
「パルムで一番大きなGRMって会社も、パパの所で仕入れた金属で武器を作ってるんだ。すごいだろう?」
 やはり、答えなかった。
 彼女の目はただ、例の扉を貫くように見ていた。
 わずかに、呻き声が聞こえたような気がして、弾かれたように辺りを見渡した。
 ……この扉の問題は、1.5メートルの高さの横の壁に14インチのモニタがあった事だった。中とインターホンでつながっており、その側に警備員が座るための椅子があり、なおかつたまたま警備員が食事休憩だったこともそうだ。
 モニタの画面は縦に二分割されていた。左側はどうやら扉を向こう側から映しており、中央よりやや左下にこの扉の裏側が見える。つまり、扉の向こう側に立つ者がいれば左後方から映すという事だ。
 もう半分の画面は扉の向こう側についており、扉の正面に立つ者がいればその顔が分かるようになっていた。
 本来、これらは出入りする者を警備兵がチェックするためにあった。
 だが。
 彼女は見てしまった……。

 ――幾度となく、強い衝撃を受ける扉。
 一撃ごとに激しく揺れ、蝶番がめきめきと悲鳴を上げる。
 短髪に骨ばった顔つき、体毛の生え揃った耳に筋肉質な体のビーストの若者だった。彼は衣服のようなものはほとんど身につけておらず、ぼろきれを腰に巻いているだけだ。
 彼の表情は険しく歪み、体は生傷と汚れにまみれていた。
 儚い拳が何度も扉を打ち、そのたびに扉が激しく軋む。
「開けろおぉぉ!」
 若者は何度も叫びながら殴る。拳に血が赤く滲んでも、彼は殴るのをやめない。
「おい貴様!」
「何をしている!」
 彼の後方から叫ぶ声が聞こえた。キャストが三人、おのおのの得物を手にして走って来る。左胸と肩のシンボルは鉱山と同じで、警備兵のようだった。そのパーツは生体パーツをほとんど使用しておらず、眼球の箇所には白い光があり、鼻や口に相当する器官は見られなかった。
「何を、だと?」
  ビーストの男は振り返り、くぐもった声で唸るように答えた。
「俺たちは奴隷じゃねぇ! ここから出しやがれ!!」
「?? 貴様は『買われた』んだ。立場を理解していないようだな」
 キャストの一人が前に出て、言った。
 彼はよく見ると、他の二人と比べてパーツ構成が多少違い、肩や足に付いているパーツがやや華美に見えた。頭に被っている帽子は先が二つに割れてポンポンフラワーのようなものが付いている。どうやら彼は、残りの二人に比べて地位が高い、隊長のような立場だと思われた。
「『買う』だと!? 人をなんだと思ってんだ!」
「このゴーヴァ鉱山の『所有物』である人足だ。何を分かり切った事を」
「貴様……ふざけんなああぁぁぁぁッ!!!」
 ビーストは天を仰ぎ咆哮する。彼の全身の筋肉がうごめき、より大きく、太く、強く。
 もともと2メートルはあった身長はさらに1メートルほど大きくなり、振り乱した長い髪は赤く、その肌は炎のように赤く染まっている。全身には言葉にならない威圧感をまとい、周囲の空気を掌握したかに見えた。
「ぅぉおおおおぉぉっ!!」PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe02 握られた、こころ
「ナノブラストか……面倒な」
 舌打ちして、キャストの隊長が呟いてから、残りの二人を促す。二人は腰から二本の短刀を抜きながら前に出た。
 ビーストは極度の興奮状態になると、ビーストフォームという形態を取る。その間は人としての理性は奪われてしまうが、通常の数倍の筋力を手に入れ、全てを破壊し尽くす能力を得る。それは、動くもの全てを破壊するまで止まる事はない。
「三分だ。三分持たせろ」
 隊長キャストが二人に言う。二人はダガーを両手に構えて前に出る。
 ビーストは右手を後ろに大きく振りかぶった。動きもそれほど早くない、あまりにも明解すぎるテレフォンパンチ。回避行動を取るには充分だった。
 左側へ体の重心を移動しつつ、ダガーの刃先をパンチの方向に合わせ、飛んで来た拳をわずかに横に逸らす。
 それでもそのパワーに危うく身体ごと持っていかれそうになる。空気を切り裂くごうっという音が響いた。
 このすきにもう一人のキャストが、右側から側面に回り込んでいた。
 右手のダガーを斜め下から振り上げ、空いた脇腹を狙う。フォトンの火花が散り、獣人の皮膚を引き裂く。
「ちッ」
 キャストが舌打ちする。今の角度はあわよくば内臓に届くはずの一陣だったはずだ。なのに何故、皮膚の傷はわずか数ミリの深さなんだ?
「ぅうがあぁぁっ」
 ビーストが唸った。膝を折って右足を胸まで上げる。
 キャストはとっさに、足が届かない範囲まで飛び去る。前蹴りを警戒した。
 ところが、ビーストはそのまま足を地面に振り下ろし――いや、叩き付ける。
「!?」
 ズウゥゥン、と激しい衝撃が大地を伝う。
 キャストたちは予想外の攻撃に完全に不意をつかれる。
 一瞬身体が上に押し上げられたと思った瞬間、地面が崩れたと錯覚する。
 そんな現状を理解するかしないかの間に、二人はバランスを崩して地面に手をつく。予想外ではあったが、身体は反応していた。
「く……ぅぉおッ!?」
 キャストの一人は、立ち上がりながら体制を立て直そうとして、とんでもないものを見てしまった。そう、手をついた僅かな時間、視線をビーストから離してしまったのが原因だ。
 その瞬間をついて、彼の視界を全て覆ったのは――ばかでかい拳。
 ぐしゃぁぁぁあああっ、と、まるで空き缶を縦に踏みつぶした様な、軽快な音。
 キャストの体に拳が埋まった直後、彼の背面に至るまで全てのパーツに亀裂が走る。両肩のパーツが爆発したように粉々に砕けて飛び散り火花を放った。
 次は全身だ。驚異的な力に持っていかれる。足が地面から離れて、衝撃の方向に持ち上げられ、無造作に吹き飛ばされる。首が完全に真後ろまで回転し、右腕が根元から取れて飛び、宙で円を描く。身体は衝撃でよじれ、腰がねじ切れそうにひねられる。
 壊れたおもちゃのように揺れながら、キャストの身体は20メートルは吹き飛び、壁に叩き付けられた。衝撃で地面が揺れ、今ごろになって吹き飛んだ右手が地面に到着した。
「!!」
 もう一人のダガー使いは、明らかに動揺した。
 噂には聞いていたが、このパワーはなんだ?
「ぅぅ……ぅがあぁっ」
 左手を突き出したまま、獣人は唸る。無防備なのに、キャストは踏み込めない。
 ――こいつは獣人なんかじゃない。本物の獣だ…いや。
 一匹のけだものだ。
「mission complete」
 後ろに立っていた隊長が呟いた。ダガー使いが咄嗟に飛び退く。
 ひゅんひゅん、と空気を切り裂く音が聞こえた。ドドッと肉を叩くような音がして、ビーストの首に衝撃が走る。
 反応して、ビーストは何かが飛んで来た方向を睨む。そこには二人のキャストがいた。
 高台に寝てライフルを構えている。
 そこまで判断したところで、ビーストは異変に気付いた。わずかに視界の端が歪んでいる。全身に気怠さがまわり始め、体が少しずつ重くなる。
「ぅう……ぅぐぁぅっ」
「本来は大型動物を捕獲するための強力な麻酔だ。発射に時間がかかるため実戦では使いにくいが、ビーストの緩慢な動作を追うのは簡単だよ」
 首をかきむしるビースト。だがその動きは徐々に緩慢になってゆく。
「ビーストフォームをとった事が敗因だ。愚か者め……」
 隊長は表情を変える事なく言った。いや、もっとも表情を変える事も彼にはできないのだが。
「ぅ……ぐぁ……」
 ビーストはそのまま崩れ落ち、地面に突っ伏した。ビーストフォームが解け、元の姿に戻る。
「連れてゆけ」
 奥からさらに、同型のキャストが二人現れた。一人は土砂を運ぶために使うのであろう、手押し車のような物を押している。そのまま乱暴に、壊れたキャストの破片を集め、中へと放り込み始めた。もう一人は、ビーストの足を無造作に掴んで引き摺ってゆく。
 一部始終をオルハは見ていた。
"激しい戦闘を初めて見た"
 ……彼女の心を凍らせたのはそれだけではない。
 ――「買われた」??
 ――「奴隷」??
 一体どういう事??
 あのビーストはここで強制的に働かされている?
「まさか」
 オルハは思わず呟いた。
 500年にも渡る戦争は終わったのだ。全ての人種は平等だと学校でも習っている。そして、種族に関わらずその人権を剥奪する事は、決して正しい事ではないという事も。
「? 誰だ?」
 隊長が扉を見ながら言った。呟いた声を、マイクが拾っていた。
 オルハは完全に硬直した。ここにいてはいけないのは分かっている。椅子から飛び下りてカメラから見えない位置に逃げるべきだ。
 だが、足が動かない。
「警備兵データには無い声紋パターンだ」
 彼はゆっくりと扉に歩み寄り、扉の向こう側のモニターコンソールをいじり始める。
 だめだ。早くここから逃げなければ……!
PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe02 握られた、こころ 「見ぃつけた」
「ッ…!!」
「おやおや可愛らしいお姫様だ。王子様をお探しで?」
「……」
 オルハは凍り付いた。
 本人はおどけているのかもしれないが、それは奇怪さを演出しているにすぎない。
 モニタに写し出された表情の無い顔が不気味さに拍車をかける。
「おや?」
 彼が思い出したように小首を傾げる。
「オルハお嬢様? これはご機嫌麗しゅう。大きくなられましたな」
 震えたままのオルハに言葉を続ける。
「ゴーヴァ鉱山の警備についての全権を任されております、わたくし"C4"を覚えておられますか? 最後にお会いした時は物心もつかない頃だったと思いますが」
 オルハは無言で首を左右に振った。震えながら。
「ビーストは……奴隷なの?」
 言葉が思わず口をついた。
「見ておられたのですか」
「……うん」
「それはそうでしょう。所詮奴等は開拓のために産み出された種族。肉体の強靱さ意外に何の取り柄がありましょうか」
「……」
 オルハは答えられなかった。極論のみを語る彼の言葉を理解するのは難しかったからだ。
「奴等は劣等種族ですよ。我々キャストやヒューマンとは比べ物にならない愚かな生き物です」
 がつん、と後頭部を殴られた気がした。反射的に両手で後頭部を覆う。もちろん何も変化は無い。
「でも……」
「お嬢様は自分の知で考えられる統治者になりますよう。それではわたくしは仕事が残ってますので」
「……殺すの?」
 オルハは思わず聞いた。あのビーストの処遇が気になったのだ。
「まさか。己の財産を己で破壊するのは愚か者のする事ですよ」
 言ってC4が踵を返した。
 ふと体から何かが抜けた気がして、オルハは後ろに倒れこむようにして椅子から落ちる。しこたま背中をぶつけたが痛みは感じない。
 なんと言えばいいのか。
 全身を包む悪寒。
 表現できない喪失感。
 ただ、オルハはしゃがんだまま、両手で膝を抱えた。そうする事で自分の体から何かがこぼれ落ちるのを防ぐかのように。
 そしてオルハは、体を縮こまらせて震えていた。

<< universe01

注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)