還らざる半世紀の終りに > universe00 還らざる時の始まり

PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる時の半世紀の終りに〜 universe00 還らざる時の始まり

 男が、死んでいた。
 男らしい角ばった顔立ち、2メートルを越える身長、鍛え上げられた筋肉。体毛の生えた大きな耳が、彼が「ビースト」という種族であることを告げる。
 彼の着衣はほとんど原型をとどめてはいなかった。全身に多数の傷を負い、どれが致命傷であるかさえ分からないほどに傷ついていた。
 ただ不思議な事に、彼の左胸、つまり心臓付近の直径30センチほどの肌のみが、傷ひとつない状態だった。
 だが、その表情は安らかで、まるで眠りについているような微笑みをたたえている。それがせめてもの救いだと思わせた。
 とにかく――――彼はそこで、死んでいた。
 たった一人で。
PSU小説・ファンタシースターユニバース 〜還らざる半世紀の終りに〜 universe00 還らざる時の始まり


注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)