還らざる半世紀の終りに > キャラクター紹介

ランディ 全身図
ランディ sex:male age:28 race:beast

ガーディアンズ機動警護部所属。
ビーストの身体能力を最大限に生かし、斧(アックス)と鋼拳(ナックル)を使った豪快な戦闘を得意とする。また、状況によってはトラップを使用する事も。

竹を割ったような性格で、非常に粗暴ではあるが質実剛健でもある。
かつて"水晶の夜"で仲間を助けられなかった事に引け目を感じており、"仲間を守るための力"に対しての欲求が強い。そのため、仲間の危機に我を忘れて取り乱す一面も持つ。

天涯孤独の身であり、幼少の時代をモトゥブ最下層のスラム街"ゴミ捨て場"で過ごす。
切ない感情に心を支配されてしまう"夢"を時々見るが、その意味は本人にも分かっていない。


ガーディアンズ機動警護部所属。
任務では指揮を執る事がほとんど。
キャストらしい、正確で手数で攻める戦闘を好む。短剣(ダガー)、機関銃(マシンガン)を主に使用する。

冷静沈着な指揮官だが、現実的理論で物を語るためとっつきにくい印象を与えている。
その反面、親しい人物の前ではお茶目な一面を見せることも。
外見が幼いのは本人の意思で、相手を油断させる事と、よりスピーディな動きを行うのが目的。
"ペロリーメイト"というお菓子に近い栄養補給携帯食と、カズンの妻・レミィが作る"シュク・リーム"が好物。

キャスト技師・カズンによって製作された"子供たち"の一人で、アンドリューとは幼少時代を共に過ごした。

アナスタシア sex:female age:24 race:cast
アナスタシア 全身図

オルハ 全身図
オルハ・ゴーヴァ sex:female age:19 race:human

ガーディアンズ機動警護部所属。
"山猫"の二つ名を持つヒューマンの少女。その名の通り、戦闘では爪(クロー)と短銃(ハンドガン)に蹴り技や柔術も加え、スピードを生かしたトリッキーな戦い方を得意とする。

天真爛漫、天衣無縫で無邪気という、非常に子供らしい性格。
その反面責任感が強く、年下の面倒などを見る一面も。

パルムのゴーヴァ鉱山の娘として生まれたが、両親の死と共に全てを失う。
ローゼノムシティのスラム"クズ鉄街"へと流れ着き、ストリートチルドレンとして育つ。
ガーディアンズのキャンプを襲撃し、エマに返り討ちにあった事からガーディアンズの一員となった。
また、C4はゴーヴァ鉱山の警備主任だったため、幼少期から見知った仲である。


ファビア・アルティウス sex:male age:24 race:cast

ガーディアンズ機動警護部所属。
アナスタシアの補佐として任務にあたる事が多い。
ニューマンらしく体力はからっきしだが、高い知能やテクニックの素養、記憶力を持つ。
戦闘ではテクニックの媒体である長杖(ロッド)、片手杖(ウォンド)を主に使うが、たまに投刃(カード)を使用する事もある。

非常に穏やかで温厚な優等生的な性格だが、真面目すぎるのが玉に瑕。

ヒューマンの両親から"取り換え子(チェンジリング:優勢遺伝子であるニューマンによる隔世遺伝)"として生まれたため、虚弱体質で病弱。
幼い頃からそれを理由にいじめられたりもしていたようだ。
そういった経緯からか、今は亡き両親を崇拝する"両親崇拝者"である。

ファビア・アルティウス 全身図

VALKYRIE 全身図
VALKYRIE

ガーディアンズ機動警護部所属。
高いテクニックの素養を持つニューマン女性。見た目は凛とした女性だが、どこか穏やかな雰囲気を持つ。その外見からは想像もつかないが、 非常に大食漢で特に肉類を好む。
戦闘では長杖(ロッド)を使い、その能力をいかんなく発揮する。土系のフォトンを操る、"ディーガ"系のテクニックを得意とする。


アルファ

ガーディアンズ機動警護部所属。
通称"先生"と呼ばれるヒューマン女性。機動警護部に籍を置いているが、諜報部に近い実務や新人の実戦訓練を担当する事が多い。穏やかな性格で面倒見が良いため、いつしかこう呼ばれるようになった。
表にはなかなか出さないが、かなり天然な一面も持つ。

アルファ 全身図

アンドリュー 全身図
アンドリュー

ガーディアンズ工作班所属。
カズンによって作られた"子供たち"の1人。"キャスト・ナルコプレシー病"という、不意に強烈な眠気に襲われ省電力モードに入るという奇病を持つ。
壁が非常に好きで、拳で叩くだけで材質や厚さを判断できるという特技を持っている。
工作活動だけでなく、整備士としての腕も高い。


イチコ

ガーディアンズ機動警護部所属。
オルハの同期で、明るく元気な女性。その性格からか、オルハとは気が合う親友である。
筋力に劣るニューマンだが、あえて長剣(ソード)を愛用し重力と遠心力を利用して戦いのイニシアチブを取る戦闘を行う。

イチコ 全身図

アリサ 全身図
アリサ

ニューディズで"下町の導き亭"を営む女性主人。
かつては剣を握っていたようだが、現在は戦いには参加していない。
ランディとは気が合うらしく、何かと話し合う仲のようだ。


カズン

パルムでガーディアンズ公認ドッグ"カズン・ドッグ"を営むエンジニアのキャスト男性。アナスタシアの産みの親。
種族や性別を越えた繋がりを生み出したいと考え、グラールの未来のために"子供たち"を作る事に生涯をかけている。
面倒見の良い性格だが、おやじ臭い一面も。妻のレミィはキャスト向けの菓子を作る有名なパティシエールである。

カズン 全身図

ネイ 全身図
ネイ

ガーディアンズに候補生として所属。
伝説のニューマンと同じ名を持つ、ビーストの少女。

ファビアと知り合ったのがきっかけで、ガーディアンズ候補生となる。 幼い少女らしく無垢な性格。ファビアを慕っており、親や師匠のようにとらえているようだ。

ビーストだが高いテクニック素養を持っている。


ラジャ

ガーディアンズ諜報部所属。
高い分析・情報収集能力を持つ、ニューマン男性。
いつも重要な場面で駄洒落を言い、周囲を脱力させる癖があるが、その洞察・分析能力はとても高く、現場に出る事はないが任務の指揮を担当することもある。

ラジャ 全身図

エマ 全身図
エマ

ガーディアンズ医療班所属。
穏やかでのほほんとした雰囲気だが、高い行動力を思わせる面もちらほら垣間見えるヒューマン女性。
かつて任務中、オルハ率いるストリートチルドレンに襲撃された事があり、オルハはそれがきっかけで裏の世界から足を洗った。オルハ曰く「ボクの師匠」らしいがそのようには見えず、詳しい事は謎のままである。


テイル

ガーディアンズ機動警護部所属。
キャストらしく高い狙撃能力で前線を援護する、スナイパーの男性。落ち着きある言動が大人の渋さを醸し出している。

戦闘ではライフルによる狙撃だけでなく、ボウガンによる中距離戦闘も得意としてする。
なお、既婚で妻がいる。

テイル 全身図

レミィ 全身図
レミィ

カズンの妻。穏やかで少し天然で、触れ合う人々の気持ちを温かくする事ができるキャスト女性。
食事の摂取に価値を見出さないキャストたちに食べる楽しさを伝えるため、手軽に摂取できて栄養価の高い菓子を作るパティシエールでもある。

ユーシス

オラキオ一族を統べる、高齢のヒューマン男性。

現在は寺院の住職を務めてもいる。一族間の繋がりや誇りを重んじ、血筋を絶やさない事を第一に考える穏健派である。だが、あまりにも内向的な思想は賛否の別れるところではある。

ユーシス 全身図

メァル 全身図
メァル

ガーディアンズ機動警護部所属。
高貴なる血筋と艶やかな振る舞いが全ての人を魅了する、気高きニューマン女性。
ニューデイズの貴族の元に生まれており、通称"姫"と呼ばれる。
戦闘ではその高いテクニック素養を存分に発揮し、雷のフォトンを操る"ゾンデ"系のテクニックを得意としている。

ウィンド

ガーディアンズ機動警護部所属。
穏やかで柔らかい雰囲気を醸し出す、眼鏡がトレードマークの優しきヒューマン男性。

一見頼りなく見えるが"風"の二つ名を持ち、戦闘では疾風のような二刀流で目標を引き裂く事を得意とする。極度のマゾヒストらしく、そのような一面を見せることも……。

ウィンド 全身図

ルディ 全身図
ルディ

オラキオ一族の若き部隊長。
短気で粗暴な男だが、同時に一族の平和を願う熱い心を持つ、若きヒューマン男性。
戦闘民族の血を受け継ぐだけはあり、高い戦闘力を持つ。"ラコニア"と呼ばれるレアメタルで作られた片手剣(セイバー)を愛用している。時には投刃(スライサー)を使うことも。

名も無き少女

ダークファルスを封印するという使命に従う、ヒューマンの少女。
名の持つ力を利用される事を恐れ、その名を捨てている。

彼女の存在には謎が多く、詳しくは明かされていない。

名も無き少女 全身図

パティ 全身図
パティ

ランディのパートナー・マシナリー。
その幼い外見に似合わず、失礼で率直な言動、短絡的な思考など、悪い点ばかりがよく似ているガーディアン専用のサポートメカ(型番GH 424)。
だが、きちんと女性らしい思考も持ち合わせているようで……?

シロッソ

ガーディアンズ機動警護部・チーム"Deo pomum"所属。
どこか斜に構えた、マイペースなニューマン男性。
アンドリューとは旧知の中で、その関係もありアナスタシアとも面識がある。
戦闘では土を操る"ディーガ"系のテクニックを好む傾向にあり、その能力を存分に発揮する。

シロッソ 全身図

エレナ・セラ 全身図
エレナ・セラ

ガーディアンズ機動警護部・チーム"Deo pomum"所属。
敬虔なグラール教信者の家系に生まれた、温厚なニューマン女性。
天然でのんびりした性格だが、時々思いがけない行動力を発揮することがある。ニューマンらしからぬ豊満な肉体が男性の視線を奪うことも。
光を操る"グランツ"系のテクニックを得意とする。

ラファエル

ガーディアンズ機動警護部・チーム"Deo pomum"所属。
聖槍"ステイグマ"をもってエレナを護ることに存在意義を持つ、キャスト男性。
真面目で融通が利かない性格ではあるが、その行動理念は全て「エレナ様のため」である。キャストではあるがグラール教の敬虔な信者であり、言葉数は少ないがその存在が安心感を与える、聖なる騎士。

ラファエル 全身図

バーバラ・キンケード 全身図
バーバラ・キンケード

かつては「天才博士」と呼ばれ、A・フォトンならびに遺伝子工学の権威ある博士だったニューマンの女性。16年前、A・フォトンの"空間を制御する"という特性を生かし、"物質以外のもの"を転送する技術を生み出した事により一躍時の人となる。

だが、とある"新たな実験"により彼女は表舞台から姿を消した……と思われていたのだが……?


ジャッキー

明るく朗らかなヒューマンの青年で、バーバラの腰巾着。
無邪気な残酷さを持ち、人を小馬鹿にしたような口調でガーディアンズたちを翻弄する。
快楽至上主義で、女性嫌いの同性愛好者。

両手両足だけをビーストフォームさせるという特殊な能力を持ち、ガーディアンズの前に立ちはだかる。

ジャッキー 全身図

タカ派の人間たちで構成される、己の力を高めることのみに腐心している集団"ダーククロウ"のリーダーであるヒューマン男性。その存在意義は己の腕を高めるためだけにあり、常にその実力を高める事のみを考えている、孤高の戦士。

"刀"と呼ばれる斬突を目的とした軽量両手剣の使い手。
シールドライン発生装置のわずかな重量を嫌い、装備せず戦いに挑む。
それは同時に、戦いを"楽しむ"ためだけに行っているような素振りも見える。

イオリ
イオリ 全身図

c4

かつてゴーヴァ鉱山で警備主任を努めていたキャスト男性。
極端なビースト劣等論を展開し、幼い頃のオルハを困惑させていた。
目の下に隈取のようなフェイスマーキングをしている。

右手に片手剣(セイバー)と左手の鋼拳(ナックル)を装備し、ナックルで攻撃を受け流しつつ剣で切り込むフェンシング・スタイルを得意とする。
真意の分からない言動、目的の分からない行動でガーディアンズたちを悩ませている。

c4 全身図

プルミエール 全身図
プルミエール

人をバカにしたような言動、どこまでが本気かよく分からない行動など、何を考えているのか分からないキャスト女性。

アナスタシアを「おねえさま」と呼び、慕っている?
言葉使いが非常に悪く、公序良俗に反する発言をよくしている(※「@#!」に置き換えられている箇所)。


トモエ

"ダーククロウ"の副官を努めるヒューマン女性。

素早い動きで相手を翻弄する戦い方を好む。

血抜き短刀で目標の血液を抜き出す事を得意としており、"吸血姫(ヴァンピール)"の二つ名を持つ。

トモエ 全身図

サイレン 全身図
サイレン

バーバラの命によってガーディアンズの前に立ち塞がったキャスト男性。

物事を論理的かつ理論的に分析する能力が高く、ガーディアンズたちを追い詰める。"シャドゥーグ"という使用者の脳波を感知して飛び回り、レーザー攻撃を行う武器を使用する。


ラ=シーク・マッケラン

ゴーヴァ鉱山の現・代表取締役。9年前にオルハの父・ケインの死後から経営に着手した実業家。
かつてはガーディアンズに所属していた時代もあったが、ヒューマンを最も優れた種とするその思想から除隊。代表取締役就任直後から、バーバラの研究に投資を行っている。
戦闘では、両手の杖に別属性のフォトンの力を宿らせて格闘を行うという、特殊なスタイルをとる。

ラ=シーク・マッケラン 全身図

シノ 全身図
シノ

ガーディアンズの前に立ちふさがる、キャスト女性。ミヤマ流剣術伝承者で、二刀流の達人。
戦いの中に自分の存在意義を感じているが、その反面自分が何故ここにいるのかということに疑問を感じている。
フォトンではなく金属の刀を愛用しており、その太刀筋は誰にも見切ることができない。


注意事項

※この物語は株式会社セガが提供するオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」を題材としたフィクション(二次創作物)です。世界観、固有名詞、ゲーム画面を使用した画像など、ゲーム内容の著作権は株式会社セガにあります。
※小説作品としての著作権は勇魚にあります。
※登場する団体名・地名・人物などは、実在する名称などとは一切関係ありません。
※作中の表現や描写、ならびに使用している画像などは、ゲーム内で再現できるものとは限りません。
※この作品は、「戦い」「人間ドラマ」をテーマの一部としているため、暴力・性的な表現を含む場合があります。予めご了承下さい。

本サイトは全ての利用者に対して「エンターテインメイト小説」として娯楽を提供するものであり、閲覧・投稿についての保障・責任は一切行いません。
また、上記注意事項を越えたご利用によって生じた損害に関して、当サイトは一切責任を負いません。予めご了承下さい。

拍手

作品へのコメント、感想や質問などはこちらからお願いします。
(無記入でも押せますが、何か書いてくれるとすごく嬉しいです)