figia gear!!

 その1「へりみちゃんを作ってみました。」 

 

2007/03/25加筆

 

へりっこくらぶ”で意外な人気を博しているへりみちゃん。
そのへりみちゃんが、フィギアになりました。
しかも「pinky;st」として!?

そんな製作過程から完成までをご紹介してゆきます。

随時加筆してゆきますので、お楽しみに!

へりみちゃん

 

曹長といっしょ。こう見ると意外とちっさいのです。

へりみちゃん へりみちゃん
   

へりみちゃん

(左上)斜め前のアングル。両手は可動式なので、ぶーんと大きく振りかぶれます。

 

(上)横からのアングル。ぴょこっと出る尻尾はもちろん着脱式。もう一種類の尻尾と付け替える事ができます。

 

(左)後ろからのアングル。後ろ足がキュート!

 

へりみちゃんはともかく、「ピンキーストリートってなんなの?」というアナタ!

簡単に説明すると……

 

Pinky:st.(ピンキーストリート)は、BABY sue 金谷ゆうきさんの協力のもと新ブランドVANCEのために開発された、POP&CUTEなフィギュアです。

このフィギュアの最大の特徴は、髪前後、顔、服上下などのジョイントサイズが共通化されており、フィギュアどうしのパーツの交換が可能なこと!

着せ替え感覚でいろんなパーツを楽しんで、自分だけのPinkyを探しましょう!

 
 

また、服や髪、服などがシリーズごとに変更されるのでコレクションも楽しめますよ。

 

カプコンのストリートファイターやSNKのKOF、果てはエヴァからアニメイトから村田蓮華まで、様々なコラボ展開も魅力のひとつです。

 

……というわけで、そんなピンキーストリートの仕様に合わせて製作しているのがこの、へりみちゃんなのです。

現在は原型をまだ製作中なのですが、イメージは伝わりましたでしょうか?

 

豊富な小道具を用意するつもりで製作してますので、もうちょっと待ってください。

 

このページは製作が進むごとに加筆してゆきますので、時々チェックしてくださいね!

  へりみちゃん  
     

ずっこけポーズももちろん再現可能!

皿をひっくり返すぞ!?

 
 

さて、忘れた頃に続報です。
原型から型を取る所です。
まずは油粘土の上に配置してシリコンで型を取り、固まったら粘土をはずして裏面もシリコンで型を取ります。

 

実は、二回目の型作りだったりします。
一回目にやった時は、裏面のシリコン流し込みの際に剥離剤を忘れていたため、表と裏のシリコンがくっついて、でっかい杏仁豆腐みたいになっちゃいました。
泣きながらシリコンの塊から原型を掘り起こしました。
そのせいでしばらくへこんでやる気無くしてたのは内緒です。

 

下の写真が、上の写真の上からシリコンを流し込んだ所です。
ケーキの生地のように、テーブルの上で何度も落として気泡を抜き、細かい箇所(棒を差し込む場所やくぼんだ場所など)にまでシリコンをしっかり行き渡らせます。

ここで手を抜くと後で泣くので、親の仇のごとくバンバン落とします。(近所迷惑にならない程度に)
大体6〜8時間ぐらいで固まってゴムのような質感になります。

 

↑原型を配置

↑シリコンを流し込んだ所

 

”へりっこくらぶ” 公式ページ