MANIAX☆TOYBOX

2006.09.20

MANIAX01:「We love pop'n music!!」

さて、記念すべき第一回ですが、音楽ゲームといえばこれ。
「音ゲー」と呼ばれるジャンルの確立に貢献した、株式会社コナミの「ポップンミュージック」をご紹介したいと思います。

   

歴史はここから始まりました

1998年9月、「Dance Dance Revolution」がゲームセンターで一世を風靡していたころ、同時に産声をあげたタイトルがありました。

白・黄・緑・青・赤の五色の大きなボタンが九つ並んだ専用筐体で、明るい画面とポップな雰囲気で誰にでも親しみやすい印象…そう、「ポップンミュージック」が世に放たれた瞬間です。

ルールは非常に簡単なもの。
音楽に合わせて上から落ちてくる「ポップくん」が、下のバーに触れる瞬間、対応するキーを叩く、というもので、「Beat Mania」や「Dance Dance Revolution」と基本的な遊び方はまったく同じです。

「音ゲー」と呼ばれるジャンルが確立し始めるのはここからでした。

   
 

ポップンならではの”ウリ”

 
 

では、ポップンミュージックが受け入れられた理由は何なんでしょうか?

まずひとつは、キャラクターが多彩で可愛いこと!
ポップンミュージックのキャラクターは、線のしっかりしたポップアート調で描かれています。毎作プレイヤーをナビゲートしてくれる「ミミ」「ニャミ」はもちろん、その他のキャラクターも可愛いキャラクターばかり。しかも、今までのシリーズを通して登場したキャラクターは、なんと300種類以上とくれば、好みのキャラクターを探すだけでも楽しいですよね。

次に、初心者から上級者まで誰でも楽しめること。
色とりどりのボタンが並べられたコントローラーは、とてもおもちゃチックで親しみやすい印象を覚えます。
初心者用のモードはもちろん、ボタンを5個だけ使って遊ぶこともできます。
しかし、だからといって子供用のゲームだと思ったら大間違い。
それぞれの曲は「Nomal」「Hyper」「EX」三種類の難易度を選べ、 最高難易度のEX曲の中には想像を絶するものも!

We love pop'n music!! パッケージには毎作ミミ・ニャミが描かれています。  
 

↑パッケージには毎作ミミ・ニャミが描かれています。明るいタッチのイラストがいい感じ!

   
 

最後に、やはり一番大事なのは「楽しい」こと。
曲はどこかで聴いた事のある名曲から、人気番組のテーマ曲や国民的英雄のアニメ曲、さらに専属アーティストのオリジナル楽曲まで多種多様! 自分の好きな曲のリズムに乗って、ちょっとした音楽家気分!

気軽に演奏を楽しんでみませんか?

 
   
 

楽しさは無限大! 関連商品も充実

 
 

さて、楽しむ時にちょっと気になるのが、「どれだけ展開してるの?」という部分ではないでしょうか。せっかくハマっても、人気が無くてシリーズ展開が終わったり、新作が出なくなったりしたら元も子もありません。

その辺はもちろん安心。アーケードで稼動中の「ポップンミュージック14 FEVER」は、その名の通りなんとシリーズ14作目。2006年9月に発売されるCS版最新作「ポップンミュージック13 CARNIVALl」は13作目。これだけ長く続くシリーズというのはそうそうありません。

さらに嬉しいのが、関連商品の充実ぶり。右上の「アーケードスタイルコントローラー」はなんと、アーケードのポップンミュージック専用の筐体と同じ部品で作られている、プレイステーション2用のコントローラーです。
ファンからすれば、アーケードのあの感触が家庭で味わえるというのは言葉にできないほどの感動です。

そして、CS版では毎回「特別版」というバージョンが発売されます。これはPS2専用ソフトに加え、様々なオマケがついている、というもの。
例えば「ポップンミュージック13 CARNIVALl」では、ソフト・オリジナルサウンドトラック、特製パスケース、オリジナルポスター+αが特製ボックスに入っているという嬉しい仕様! もちろんオマケは非売品なので、ここで手に入れないと後悔必須です。

これからも広がりを見せる「「ポップンミュージック」シリーズ、是非楽しんでみてはいかがでしょうか?

We love pop'n music!! アーケードスタイルコントローラー

 

↑プレイステーションでアーケードと同じ操作感を味わえる、「アーケードスタイルコントローラー」。もちろん同じ部品で作られています。店頭では販売されておらず、コナミスタイルだけのオリジナル商品です。

We love pop'n music!! ポップンミュージック10の特別版

↑こちらはコンシューマー版「ポップンミュージック10」の特別版。ソフトはもちろん、充実したオマケがファン魂をくすぐる!
(こちらもコナミスタイルだけのオリジナル商品)

   

■「pop'n music」シリーズ

アーケード最新版「ポップンミュージック14 FEVER」好評稼動中
コンシューマー最新作「ポップンミュージック13 CARNIVALl」(プレイステーション2専用ソフト)2006年9月28日発売予定

■株式会社コナミデジタルエンタテインメント

pop'n music 公式サイト:http://www.konami.jp/bemani/popn/
pop'n music CS版公式サイト: http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/

コナミオンラインストア「コナミスタイル」:http://www.konamistyle.jp/index.html


本ページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべてコナミ株式会社が管理、所有しており、 著作権その他の権利として保護されております。無断で複写、複製、翻案、翻訳、改変、展示、転載等の利用、使用は法律によって禁じられています。


column top ↑ページトップへ